株式会社LastRootsを連結子会社化

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2019年3月13日

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ] [ マーケティング・リサーチ ]

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)は、当社持分法適用関連会社で、みなし仮想通貨交換業者(※1)として仮想通貨取引所の運営と広告サービスプラットフォームを開発する株式会社LastRoots(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 慎和、以下LastRoots社)の第三者割当を引き受け、同社を連結子会社化します。

このたびの当社によるLastRoots社の第三者割当引き受けによる連結子会社化は、当社が運営するQ&Aサイト「OKWAVE」のユーザー同士、企業等に提供している組織内メッセージングサービス「OKWAVE GRATICA」を利用する組織内ユーザー同士が感謝の気持ちとしてお互いに贈り合うことができるサイト内トークン「OK-チップ」(※2)を貯めることで、ユーザーが貯めた「OK-チップ」に応じて企業等からの優待や特典を受けることができる「感謝経済」プラットフォームの拡大を目的としています。
そのため当社は、LastRoots社が展開する独自仮想通貨「c0ban」を活用したブロックチェーンエコシステムによる広告事業ならびにみなし業者として展開する仮想通貨取引所事業との協業が、「感謝経済」プラットフォームの拡大に寄与すると判断し、同社と本年1月29日に業務提携、同2月28日には同社発行済株式の34.15%をSBI Ventures Two株式会社(本社:東京都港区)より取得し当社の持分法適用関連会社としました。
このたびの第三者割当引き受けによる連結子会社化(※3)により、当社の「OK-チップ」とLastRoots社の「c0ban」を「感謝経済」プラットフォーム上にて連携させたサービスの開発やマーケティング協業を今後進めていきます。
なお、LastRoots社を連結子会社化することに伴い、当社として進めていた仮想通貨交換業の登録申請の意向を取り下げ、これまで準備を進めてきた中で得た知見やリソースをLastRoots社の登録申請に振り向け、同社の速やかな交換業登録に向けて注力していきます。

当社は「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」という当社理念に則り、人々がより安心して安全な産業振興へ取り組むことなどを含む、様々な創造的な活動ができるよう社会に寄与することに引き続き務めてまいります。

■株式会社LastRootsについて
LastRootsは2016年7月にICO(Initial Coin Offering)にて6億円超の資金調達を実施し、動画広告と仮想通貨を組み合わせた広告サービスプラットフォームの開発・運営を行ってきました。2017年3月に仮想通貨取引所(c0ban取引所)をオープンし、同年9月27日には、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局へ提出し、それ以降「みなし仮想通貨交換業者」として営業しています。2018年10月にはc0ban取引所においてはc0banと円の取引ペアの累積取引高が100億円を突破しております。現在、同社は早期の仮想通貨交換業登録に向け準備を進めております。また、2019年1月4日には、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の第二種会員に入会しております。また、2018年4月6日に関東財務局より、(1)経営管理態勢の構築、(2)マネーローンダリング及びテロ資金供与に係る管理態勢の構築、(3)利用者財産の分別管理態勢の構築、(4)システムリスク管理態勢の構築の4点について、適正かつ確実な業務運営を確保するための措置を講じるよう業務改善命令を受けました。これを受け、LastRoots社では経営管理体制の一層の充実や、コールドウォレット対応やマルチシグ化などの指摘された事項について、全社一丸となり改善に取り組んでいます。

会社名:株式会社LastRoots
事業内容:仮想通貨交換業並びにブロックチェーン技術による企画、システム開発、情報配信サービス
設立年月日:2016年6月2日
本社:東京都中央区日本橋人形町1丁目3番6号 AIC共同ビル人形町 5F
代表者:代表取締役CEO : 小林 慎和
URL:https://www.lastroots.com/

※1 改正資金決済法施行前から仮想通貨交換業を行い、同法に基づいた登録審査中の事業者を「みなし業者」といいます。登録が認められない際には、将来的に交換業務を取り止める場合があります。なお、LastRoots社が発行する仮想通貨c0banの取り引きは同社が運営するc0ban取引所が中心となっているため、交換業務を取り止めた場合、c0banの換金ができなくなるリスク、c0banが無価値になるリスクがあります。
※2 「OK-チップ」は資金決済法上の仮想通貨ではありません。「OK-チップ」の売買はできません。「OK-チップ」は「感謝経済」プラットフォーム内でのみ利用できる当社が提供するサービスです。
※3 当社は、2019年3月13日時点でLastRoots社の発行済株式12,300株のうち4,200株(34.15%)を保有しております。今後、2019年4月16日付でLastRoots社が実施する第三者割当増資35,000株のすべてを引き受けます。これにより、当社はLastRoots社の株式を39,200株(82.88%)取得することになり、同社は当社の連結子会社となる予定です。

■株式会社オウケイウェイヴについて
https://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体の500サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」や、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」、AIエージェントサービス「OKBIZ. for AI Agent」などを提供しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。今後は、AI、ブロックチェーン、情報セキュリティの各技術を組み合わせて、感謝されている人がより報われる社会を目指す「感謝経済」プラットフォームの拡大に向けたサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ 東京都渋谷区恵比寿1-19-15ウノサワ東急ビル5階 
TEL:03-5793-1195(直通) FAX:03-5793-1192
社長室 宮城 重幸:miyagi@okwave.co.jp

 
革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する