ものづくり革新ナビ公開1周年記念講演会、交流会を開催

株式会社産業革新研究所

投稿日:2013年1月29日

サービス分野: [ ものづくり ] [ コンサルティング ]

ものづくり企業の生産性革新を支援する株式会社産業革新研究所(本社:山梨県甲府市 代表者:代表取締役 熊坂 治)は、豊富なコンテンツと的確なQ&Aで、多くの製造業関係者にご利用頂いているWebサイト「ものづくり革新ナビ」の1周年記念講演会、交流会の参加者募集を開始しました。

1.講演会、交流会の内容

ものづくり革新ナビは、ネット上に情報を公開する事で、 2012年3月より製造業のプロセス革新を促進して参りました。
来る3月にナビサイトの公開1周年となるのを機に、これまで以上に産業革新に貢献するため、 製造業者と専門家さらに有識者をお呼びして、リアルな双方向交流の場を設定しました。
確かにネットは便利ですが、限界もあります。 お互いの顔を見ながら話すことで、 反応を見ながら伝える情報を対応させながら 細やかなニュアンスが伝わり、 信頼関係も高まってコラボレーションが生れます。講師の敬愛大学岸本先生を初め、著名な先生方を多数お招きしていますので、 是非参加してものづくり関係者のネットワークを構築してください。

これまでに参加のご回答をいただいたお客様は、以下の方々です。

  赤尾洋二先生(山形大学:品質機能展開)
  中川徹先生(元大阪学院大学:USIT/TRIZ)
  神田範明先生(成城大学:商品企画7つ道具)
  中村昌允先生(東京農工大学大学院:リスクマネジメント)
  越水重臣先生(首都大学東京産業技術大学院大学:品質工学)
  東秀忠先生(山梨学院大学:ものづくり経営)
  緑川賢司社長(株式会社ミナロ:コマ大戦主催など元気な中小製造業代表)


2.ものづくり革新ナビ1周年記念講演会、交流会の詳細

・日時:3月27日(水)18時~21時
・場所:中野サンプラザ14階クレセントルーム
      http://www.sunplaza.jp/access/
・基調講演:「アジアで成功するものづくり中小企業」

・講師:岸本太一氏(敬愛大学経済学部・国際学准教授、東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員)
・講師略歴:一橋大学卒業博士取得後、2009年より東京大学ものづくり経営研究センター特任助教となり、元気ある中小企業を研究。近年は海外進出での成功要因を探求している他「長期存続中小企業プロジェクト」で実務家との交流を求めています。
・講演概要:数十社の海外進出したものづくり中小企業を訪問すると、ほぼ例外なく、海外で成功している企業は国内も堅調です。 中小企業が海外にて成功するための要因と国内堅調の関係を探ると、単純な日常業務での分業関係を越えたダイナミックな関係が見えてきます。
・交流会:講演終了後に大学関係者、登録専門家、ものづくり革新ナビ一般会員(製造業経営者、管理職、技術者)が、立食形式で情報交換しながら、ネットワークを広げます。
・参加料:1月末まで申込み5000円、2月末まで6000円、3月以降7000円。(専門家・一般会員とも、飲食込み)(非会員の方は会員登録後に参加お申込み下さい)      http://www.monodukuri.com/members/add
・定員:会場の関係上、先着合計60名で締め切らせていただきます
・申込み:info@monodukuri.com宛にメールにてご連絡頂き、会員であることを確認し、支払い方法をメールで返信します。 参加料支払い後はキャンセル不可ですが、会員間の権利移転は可能です

3.「ものづくり革新ナビ」の概要
特 徴:企業課題を中心にした解決技法の情報提供と専門家による支援
機 能:課題毎に有効な技法を紹介、解説、事例提供、質問への専門家による回答
費 用:ものづくり企業は全て無料、趣旨に賛同した登録専門家の協賛金と広告によって運営
利用方法:http://www.monodukuri.com にて会員登録

4.会社概要
会社名  :株式会社産業革新研究所
主要事業 :「ものづくり革新ナビ」の運営、企業革新の支援
設立   :2011年9月23日
代表者  :代表取締役 熊坂 治
資本金  :500万円
本社   :山梨県甲府市大津町2094 
       山梨県工業技術センター内インキュベーションルーム7号室

お問い合わせ先

株式会社産業革新研究所 代表取締役 熊坂 治
e-mail:info@monodukuri.com
電話:055-242-8005

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する