French Biotech Tour フランスのバイオテクノロジー企業が団体来日

サービス分野: [ バイオ ] [ 医療 ] [ 海外・グローバル ]

French Biotech Tour フランスのバイオテクノロジー企業が団体来日

ドラッグディスカバリー、創薬支援、新薬開発を専門とするフランスのバイオテクノロジー企業が、2013年1月29日から31日まで、BioAsia国際パートナリングカンファレンスに合わせて来日します。この来日プログラムは、フランスのバイオテク企業が団体来日する唯一の機会として、フランス企業振興機構-ユビフランスとフランス大使館企業振興部が主催します。

フランスのバイオテクノロジー産業は、欧州ではイギリス、ドイツに次ぐ第3位に位置し、急成長を遂げている最先端部門です。フランスではバイオテクノロジー企業400社を数え、就業人口6000名、その半数以上が研究開発部門に従事するなど、殆どの企業が研究開発を主とする新進の中小企業です。

来日プログラムでは、1月29日から2日間行われるBioAsia2013への参加に加え、翌31日にはフランス大使館で企業振興部主催のセミナー・商談会を開催します。このセミナーではがん、アルツハイマー病新薬候補開発といった参加各企業の革新的な技術を紹介し、引き続き日本の製薬企業やバイオテク企業、研究所や大学との個別ミーティングを予定しています。

なお、1/31の詳細は下記リンクからダウンロードできます。
http://www.ubifrance.com/jp/BlogDetails.aspx?pi=6421

【参加フランス企業】
●AFFILOGIC アフィロジック
www.affilogic.com 設立年 : 2010年 従業員数 : 8名
新しいクラスの親和性リガンド「Nanofitins®」を開発するバイオテク企業。ロバストでより低コストの抗体の代替ソリューションを可能にします。「Nanofitins®」は幅広いターゲットと選択的に結合させることができ、検出、捕獲、ターゲティングに優れたツールです。

●AMYLGEN アミルジェン
www.amylgen.com 設立年 : 2009年 従業員数 : 6名
神経変性及び精神疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、精神分裂症、鬱病、依存症、不安症)のげっ歯類モデルでの新薬化合物スクリーニングを提案するCRO。INSERM(フランス国立医学研究機構)とモンペリエ大学医学研究所とのパートナーシップにより2009年に設立されました。

●CYTUNE PHARMA サイチューン・ファーマ
www.cytunepharma.com 設立年 : 2007年 従業員数 : 7名
INSERM(フランス国立医学研究機構)からのスピンオフ企業。IL-15ベースのがん及びウィルス感染症のためのベスト・イン・クラスの開発を行っています。またモノクローナル抗体の治療効果を著しく増大させるプラットフォームを開発しています。

●DOMAIN THERAPEUTICS ドメン・テラプティクス
www.domaintherapeutics.com 設立年 : 2008年 従業員数 : 26名
*BioAsia2013のみの参加
GPCRをターゲットとする低分子化合物の探索、初期開発を行うストラスブールのバイオ製薬企業。独自のテクノロジープラットフォームDTect-All™を用いて、通常の技術では発見できない、いわゆるSilent Allosteric Modulators(SAMs)を含め、GPCRリガンドの特定を行います。

●ECRINS THERAPEUTICS エクラン・テラプティクス
www.ecrins-therapeutics.com 設立年 : 2010年 従業員数 : 7名
がん治療薬候補の低分子新規化合物の探索と開発(前臨床から臨床まで)を行うバイオテク企業。リード候補物質ET-D5はファースト・イン・クラスのanti-mitotic及びanti-vascularのコンパウンドです。また高品質チューブリン、研究用チューブリン重合キットやチューブリン重合ドラッグ・スクリーニングサービスを提供しています。

●INVENTIVA インベンティバ
www.inventivapharma.com 設立年 : 2011年 従業員数 : 80名
アボット社からスピンアウトした低分子創薬企業。転写制御、特に核内受容体の分野で確固としたノウハウを持っています。同様にアボットより 分社した製薬企業Abbvie社と協力体制を構築。23万の化合物ライブラリを用いたHTS及びHCSといったスクリーニングサービスを提供しています。

●VIRBAC ビルバック
www.virbac.com 設立年 : 1968年 従業員数 : 3500名
世界最大の動物薬専門メーカー。28の子会社を通し世界50カ国以上で販売されています。1992年に日本法人の株式会社ビルバックジャパンを設立。
ペット・家畜・ウマ用医薬品開発の新規プロジェクトのため、日本のヒト用医薬品メーカー/バイオテク企業の提供するAPIや技術を広く求めています。

新薬開発のための技術導入、共同開発、技術の導出など、バイオテクノロジー分野での日仏のさらなる交流を目指しています。

お問い合わせ先

フランス大使館企業振興部UBIFRANCE広報室 (末永・中川)
Email:presse-jp@ubifrance.fr
TEL:03(5798)6127~8

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する