【2月3日(日)開催!】ソーシャルビジネスグランプリ2013冬【社会起業大学】

リソウル株式会社

投稿日:2012年12月12日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

【2月3日(日)開催!】ソーシャルビジネスグランプリ2013冬【社会起業大学】

社会起業大学では来年2月3日に、社会起業家のビジネスコンテスト、
「ソーシャルビジネスグランプリ2013冬」を開催致します!

今回で6回目となるソーシャルビジネスグランプリは、
社会的課題の解決の担い手が事業計画を発表し、一般参加者の皆様と共に、
志をひとつにする、参加型のビジネスコンテストです。

当日は本学の名誉学長でもある社会起業家フォーラム 代表 田坂広志氏の
基調講演も予定しています。

社会起業にご関心のある方必見の、内容が凝縮した1日となっていますので、
ぜひ会場までお越しください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
        志がひとつになる日。年に2回の特別公開講座
      ~社会起業大学 ソーシャルビジネスグランプリ 2013冬~
          2013年2月3日(日)13:00~18:00
           (大交流会:18:30~20:30)
      http://socialvalue.jp/final/2013winter/summary.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■日時■
2013年2月3日(日) グランプリ13:00-18:00(受付開始12:30)
              大交流会18:30-20:30

■当日の流れ■
13:00-13:50 開会および基調講演(田坂広志名誉学長)
13:50-14:50 事業画プレゼンテーション 3名
14:50-15:00 休憩
15:00-15:30 基調講演2 株式会社スワン 代表取締役社長 海津歩氏
15:30-16:30 事業計画プレゼンテーション 3名
16:30-16:50 休憩/審査
16:50-17:00 卒業生の活動報告
17:00-18:00 審査発表会

■場所■
津田ホール
(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24)

■アクセス ■
JR総武線千駄ヶ谷駅徒歩 1分

■プレゼン ■
当イベントは社会起業大学より選抜された6名のファイナリストが、
自身の目指すソーシャルビジネスの活動計画や成果を発表し、
審査員によって、「共感大賞」1名、「審査員特別賞」1名、
「ソーシャルビジネスグランプリ」1名がそれぞれ選出、表彰されるものです。
※学内選抜は、2 月2日(日)に行われます。

■審査■
「共感大賞」は一般来場者の最高得票者に、
また「審査員特別賞」は審査員の最高得票者に、
そして「ソーシャルビジネスグランプリ」は、
総合して最も得票した学生に授与されます。

■審査員■
審査員長:
 田坂広志氏(社会起業家フォーラム 代表)
審査員:
 越智通勝氏 (エン・ジャパン株式会社 代表取締役会長)
 海津歩氏 (株式会社スワン 代表取締役社長)
 高橋ゆき氏 (株式会社ベアーズ 専務取締役)
 秦信行氏 (國學院大學 理事および経済学部教授)
 町井則雄氏 (日本財団 CANPAN企画推進チーム)
 森摂氏 (株式会社オルタナ 代表取締役)
 渡邉智恵子氏(株式会社アバンティ 代表取締役)
 田中勇一 (社会起業大学 理事長)

■基調講演(1)■
田坂 広志 氏
社会起業大学 名誉学長
多摩大学大学院 教授
社会起業家フォーラム 代表
シンクタンク・ソフィアバンク 代表
テーマ : 社会起業家としての働き方 「7つのスタイル」とは
      その2 成長  -自分自身の「自己変革」と「人間成長」を目指す-

■基調講演(2)■
海津 歩 氏
株式会社スワン 代表取締役社長
テーマ : 愛と正義と勇気の経営
-企業の中から社会を変えるソーシャルイントラプレナーの挑戦-

■定員■
450名 (定員になり次第、締め切らせて頂きます。)

■会費■
3,000円

■申込■
http://socialvalue.jp/final/2013winter/entry.html

■大交流会■
18:30~20:30 ご予約制(100名定員)
出場者・審査員・来場者の皆様でのお名刺交換懇親会です。
こちらは、お食事の実費としまして 別途4,500円を頂戴しております。
(大交流会には出席せず、グランプリのみの参加も可能です)

■エントリープラン :
1、『ソーシャルアパート』という交流型住宅を普及させ、
  若中年単身者の孤独・非婚化問題を解消します!
2、人・組織・事業を育てる職務を通じて、イキイキ元気に笑顔で働く人を増やす
3、消費者のアンケートが社会貢献への寄付に代わる仕組みを作り、
  社会的弱者に対しての温かい光となる。
4、がん治療を受けながらも不安なくより良く生きるためのサービスをつなぐ組織、
  システムを作る!
5、世界の貧困を改善させ絶望の淵にいる子供たちに希望の光を灯してあげたい。
6、シングルマザーが輝いて生きることで、日本中に笑顔あふれる母子家庭を作る☆
7、人と自然を繋ぐ社会起業家ナース
8、障害者が使用する物を安く提供できること。高齢者が夢を持てるような施設をつくる事。
9、フェアトレードを普及させ、貧困削減の手助けを。
  世界の貧困事情に関心をもつ日本社会に!
10、アフリカと日本の架け橋として、すべての女性が活き活きと輝く社会をつくる。

  ※上記の他にも様々なテーマの社会的事業がエントリーされております。
    全235名から学内選抜をした6名が、卒業式にビジネスプランを発表いたします。

お問い合わせ先

メール:info@socialvalue.jp
お電話:03-6380-8444
FAX:03-6272-5888

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する