「VQScollabo for Android」のサポートページ開設・Google Play登録。

VQS株式会社

投稿日:2012年11月20日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ]

「VQScollabo for Android」のサポートページ開設・Google Play登録。

VQSマーケティング株式会社(本社:京都市、取締役社長:向井 猛彦)は、Web会議・遠隔授業システム「VQSコラボ Version3」「VQSコラボ V3 for Learning」のAndroidタブレット対応版「VQScollabo for Android」のサポートページを開設、アプリケーションをGoogle Playに登録しました。


VQScollabo for Androidのサポートページを開設、アプリケーションをGooglePlayから入手できるようになり、VQScollabo for Androidがさらに導入しやすくなりました。

サポートページでは、VQScollabo for Androidの特長、ご利用シーン紹介のほか、操作マニュアルやクライアントソフトを入手できます。エラーコード一覧も公開しており、エラー発生時の対応策を一覧で確認できます。

サポートページアドレス<http://www.vqscollabo.jp/vqscollabo/android/>


VQScollabo for AndroidのアプリケーションをGoogle Playからダウンロードできるようになりました。従来必要だったタブレットの設定を変更せずにアプリケーションをインストールできるため、さらに導入しやすくなりました。

Google Playダウンロードページアドレス
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.vqscollabo.forAndroid>
※Google Play検索バーで「VQScollabo」と入力し検索して下さい。
 サポートページからGoogle Playダウンロードページにアクセスすることもできます。
Google Playダウンロードページアドレスからインストールボタンをタップするとインストールが開始されます。


◆「VQSコラボ」とは
パソコン、インターネットを使い、映像・音声・資料を用いたリアルタイムコミュニケーションを実現するツールです。
Virtual Qualified Square for collaboration
「VQSコラボ」は、コミュニケーションに最適な仮想空間を提供します。


◆「VQSコラボ」の特長
(1)高音質
 大手英会話学校でも採用された高音質。ネイティブの声にも対応できる“音”。違和感のない会話に対応できる“リップシンク”。
クリアな音質とストレスのない会話でリアルなコミュニケーションを実現します。
(2)手書きデバイス対応
 メモを書く感覚でホワイトボードへの書込みができます。
 手元の資料とホワイトボードの資料書込み位置が一致します。(特許番号:4360547)
 文字や図形を書込めるため、打ち合わせなどスピーディに行うことができます。
(3)安定動作
 途中で会話が途切れたり、音声にノイズが入ると会議進行の妨げになります。Webレッスンのような有償サービスを運用頂いている場合は、返金や振替といったトラブルにつながります。このようなトラブルを防ぐため、様々な技術を用いて安定したシステムを実現しています。
(4)選べる会議室
 普通の会議利用だけでなく、大人数で使用するセミナータイプや少人数タイプも用意しております。これらのタイプ選択はオプションや別契約ではなく、すべて標準で使用することができます。


◆会社概要
VQSマーケティング株式会社
(1)社長 :取締役社長 向井 猛彦
(2)本社所在地 :京都市南区上鳥羽勧進橋町10番地102
(3)設立日 :2011年1月11日
(4)事業内容 :「VQSコラボ」および関連機材の企画、販売、サポート
(5)URL :http://www.vqs-m.co.jp/
(6)facebook:http://www.facebook.com/vqsmarketing/

お問い合わせ先

VQSマーケティング株式会社
担当 :辻(E-Mail:y.tsuji@vqs-m.co.jp
TEL :075-693-5072
FAX :075-693-5070

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する