超音波「分散」技術を開発

超音波システム研究所

投稿日:2012年10月10日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ コンサルティング ]

超音波「分散」技術を開発

報道関係各位
                          2012年10月10日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波「分散」技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、

 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術

 *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術

 *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術

 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術

 *液循環に関する
  統計数理モデルに基づいた「超音波のダイナミック制御」技術


上記の技術を組み合わせることで

対象物に合わせた、超音波分散技術を開発しました。

< 水と反応してゼリー状になる樹脂ポリーマーの超音波照射技術>
http://youtu.be/GohHaEVF0X0
http://youtu.be/rppQFWAqZWU
http://youtu.be/CJ2CRJXHqmc

今回開発した技術の具体的な応用事例として、
カーボンナノチューブ、銀粉、鉄粉、銅粉、アルミニウム粉、樹脂、洗剤、溶剤、・・・
に対して、超音波特有の新しい分散効果を実現しました。

詳細な特性・・・につきましては
お問い合わせください。

特に、
超音波の発振周波数に対する、
対象物への伝搬周波数(キャビテーションと音響流の効果)を
明確に制御することで、安定した分散が実現できます。


非常に単純な事項が多いのですが
ノウハウとして詳細はコンサルティング対応させていただきます


複数の超音波振動子を利用する場合は
発振の順序、出力変化の方法、水槽内の液面設定・振動・・に関する
各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に、
<相互作用の影響>をグラフ(注)として、把握することが重要です。

注:超音波テスターによる測定解析結果

40kHzの超音波振動子を使用した
100-2000kHzの超音波(高調波)による
非線形性現象としての
キャビテーションや音響流の効果を利用できます。

超音波・洗浄・改質・攪拌・・・様々な応用・研究・・につながっています。


■超音波技術
http://youtu.be/HEI_2VClI2k

http://youtu.be/w6G7k5Wd3oU

http://youtu.be/rFCvj-4B0Mo

http://youtu.be/rO1VBelOPCQ

http://youtu.be/knIqPTdklTg

これは、超音波に対する新しい視点です、

今回の実施結果から
対象物と超音波振動子の周波数の関係よりも
システムの超音波振動による相互作用の影響が
大変大きいことを確認しています。

超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
相互作用による伝搬周波数の状態を検出して
最適化(制御)することが重要だと考えています。

コンサルティング事業としては、
2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
標準タイプとして展開しています。

お問い合わせ先

【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒252-0244 相模原市中央区田名3039-35
有限会社 共伸テクニカル内
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
ホームページ  http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する