TNTエクスプレス、新たにモンテネグロ向けのサービスを追加

サービス分野: [ 海外・グローバル ]

オランダに本拠地を置く世界有数のエクスプレス・サービス・プロバイダ、TNT Express N.V. (本社:オランダ・アムステルダム、CEO:マリー・クリスティーン・ロンバード)は、このたび、新たにモンテネグロ向けのサービスを追加し、欧州のロード配送ネットワークを拡張したことを発表しました。アルバニア、マケドニア、ベラルーシ、モルドバに続き、今回、モンテネグロ向けのサービスを追加したことで、TNTエクスプレスの欧州ロード・ネットワークの対象地域は40ヶ国に拡大しました。

このサービスは、モンテネグロの首都であるポドゴリツァに向けて週2便運行され、TNTエクスプレスの日付指定およびドア・ツー・ドアの“エコノミー・エクスプレス”サービスを拡充するものです。これは、1個当り500kg以下の小包または貨物では最も低価格のエクスプレス配送サービスとなります。また、“エコノミー・エクスプレス”サービスでは、通関手続きとリアルタイムの追跡サービスが利用可能です。近年、EUとの関係を強化している旧ユーゴスラビア共和国に、緊急性の低い貨物または小包を配送したいお客様には最適なサービスとなります。

モンテネグロと欧州域内の配送時間は、距離に応じて2日から6日となります。モンテネグロ向けの貨物・小包は、セルビアのベオグラードにある新しい保税倉庫を拠点に配送されます。ベオグラードの保税倉庫は、ルーマニア西部のティミショアラを経由して、TNTエクスプレスの欧州ロード・ネットワークに接続しています。ベオグラードとモンテネグロの首都ポドゴリツァの間の山間部は470kmの道路で結ばれており、トラックで10時間から12時間かけて配送されます。

TNTのエクスプレス・ロード・ネットワーク担当マネージング・ディレクター、バス・ヤンセン(Bas Janssen)は次のように述べています。
「当社は、欧州におけるロード・サービスを継続的に拡張しています。モンテネグロは、EUとの取引が貿易の4分の3を占めており、最近になってEUへの加盟交渉を開始しました。このような理由と、コスト効率に優れたサービスを求めるニーズが高かったことから、当社のロード配送ネットワークにモンテネグロを加えることとなりました。」

IMF国際通貨基金によると、モンテネグロは2011年に、2.5%の実質GDP成長率を記録しています。また、モンテネグロの2011年におけるEU向け製品輸出額は2億ユーロで、EUからの輸入額は7億ユーロでした。

TNT Express N.V. について
TNT Express N.V. は、世界最大級の国際総合輸送会社で、1日あたり100万もの書類、小包、パレット貨物を配送しています。欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカでロード配送ネットワークを運用しています。2011年度の売上高は、72億4,600万ユーロ(約7,463億円:1ユーロ=103円換算)を計上しました。
TNTについての詳細はこちらのWebサイト(http://www.tnt.com/corporate)まで。

お問い合わせ先

ティエヌティ エクスプレス広報室【報道機関向け】
(ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド㈱内)
TEL: (03) 5427-7389 / 7364 FAX: (03) 5427-7322
担当: 撹上(カクアゲ)/ 大西

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する