「VQSコラボ」クライアントソフトバージョンアップ。高音質!Android対応。

VQS株式会社

投稿日:2012年8月23日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ]

「VQSコラボ」クライアントソフトバージョンアップ。高音質!Android対応。

VQSマーケティング株式会社(本社:京都市、取締役社長:向井 猛彦)は、Web会議・遠隔授業システム「VQSコラボ Version3」「VQSコラボ V3 for Learning」のクライアントソフトを8月22日にバージョンアップしました。


(1)Android対応
Androidを搭載したタブレットなどのスマートデバイスからVQSコラボを利用できるようになりました。VQSコラボの特長である高音質を継承、Androidでも最大22kHzサンプリングによるFM音質(※)を実現しました。スマートデバイス用に新たにデザインされたインターフェイスで、直感的な操作を実現。縦横画面の自動回転にも対応しています。もちろん、Windowsパソコンと同じ会議に参加し、会議資料を共有、双方向で同時に書き込み、発言することができます。

クリアな音質で自然な会話を実現、長時間の会議にもストレスなく参加できます。スマートデバイスのタッチパネルによる直感的な操作で、操作に不慣れな方でも簡単に利用いただけます。
Android端末からVQSコラボを利用することで、外出先からの会議参加やお客様先から接続して営業支援・技術支援を受けることができます。いまお使いのAndroid端末を有効に活用いただけます。

※端末が22kHzサンプリングに対応している必要があります。

(2)アプリケーション共有&デスクトップ共有
 Web会議・遠隔授業を行いながら、パソコン画面を参加者同士で閲覧、操作する機能です。会議・授業に参加しているパソコン画面を共有する「デスクトップ共有」と、会議・授業に参加していないパソコン画面を共有する「外部共有」があります。参加者毎に操作モード・ビューモード・閲覧禁止モードを選択できます。モードは、共有中に随時変更できます。

・操作モード
パソコン画面を閲覧、遠隔操作できます。
VQSコラボの特長であるホワイトボードへの書込み、マーキング機能を継承、遠隔操作しているパソコン画面への書込み・マーキングができます。アプリケーションの操作指導にも活用いただけます。
・ビューモード
パソコン画面を閲覧できます。
書込み・マーキングの様子も閲覧できます。
パソコンの遠隔操作はできません。
・閲覧禁止モード
パソコン画面の閲覧、遠隔操作はできません。(共有ウインドウは起動しません)

a)デスクトップ共有
 Web会議・遠隔授業に参加しているパソコン画面を直接、閲覧、遠隔操作する機能です。
アプリケーションを閲覧または操作する打合せ、利用したいアプリケーションを所有していない参加者との打合せ、またアプリケーションの操作指導など様々な場面で活用いただけます。

b)外部共有
 Web会議・遠隔授業に参加していないパソコン画面を、閲覧、遠隔操作する機能です。
参加者のパソコンを共有しないため、スムーズかつセキュアなアプリケーション共有を実現します。共有時にパソコンに保存されている見せたくないファイルなどを不用意に見られてしまうといった事故を予防します。

アプリケーションを閲覧または操作する打合せ、利用したいアプリケーションを所有していない参加者との打合せといった場面で、よりセキュアに活用いただけます。


バージョンアップ内容の詳細は、下記の通り。


【バージョンアップ内容】
 VQSコラボAndroidアプリ リリース
 アプリケーション共有&デスクトップ共有機能 バージョンアップ

【対象クライアント】
VQSコラボ Version3
会議型
VQSコラボ V3 for Learning
交流型

【新VQSコラボクライアントバージョン情報】
 VQSコラボクライアントソフト
  Version 2.0.4.0
 VQSコラボAndroidアプリ
  Version 1.0

【提供開始日】
2012年 8月22日(水)

【提供方法】
 弊社営業担当にご相談ください。

【料金】
 VQSコラボAndroidアプリ
  VQSコラボご契約ユーザー様に無償提供いたします。

 アプリケーション共有&デスクトップ共有機能
  VQSコラボご契約とは別に、オプション契約をいただきます。

  初期費用:無料
  月額費用:1万円/会議室 ※税別



◆「VQSコラボ」とは
パソコン、インターネットを使い、映像・音声・資料を用いたリアルタイムコミュニケーションを実現するツールです。
Virtual Qualified Square for collaboration
「VQSコラボ」は、コミュニケーションに最適な仮想空間を提供します。


◆「VQSコラボ」の特長
①高音質
 大手英会話学校でも採用された高音質。ネイティブの声にも対応できる“音”。違和感のない会話に対応できる“リップシンク”。
クリアな音質とストレスのない会話でリアルなコミュニケーションを実現します。
②手書きデバイス対応
 メモを書く感覚でホワイトボードへの書込みができます。
 手元の資料とホワイトボードの資料書込み位置が一致します。(特許番号:4360547)
 文字や図形を書込めるため、打ち合わせなどスピーディに行うことができます。
③安定動作
 途中で会話が途切れたり、音声にノイズが入ると会議進行の妨げになります。Webレッスンのような有償サービスを運用頂いている場合は、返金や振替といったトラブルにつながります。このようなトラブルを防ぐため、様々な技術を用いて安定したシステムを実現しています。
④選べる会議室
 普通の会議利用だけでなく、大人数で使用するセミナータイプや少人数タイプも用意しております。これらのタイプ選択はオプションや別契約ではなく、すべて標準で使用することができます。

◆会社概要
VQSマーケティング株式会社
(1)社長 :取締役社長 向井 猛彦
(2)本社所在地 :京都市南区上鳥羽勧進橋町10番地102
(3)設立日 :2011年1月11日
(4)事業内容 :「VQSコラボ」および関連機材の企画、販売、サポート
(5)URL :http://www.vqs-m.co.jp/
(6)facebook:http://www.facebook.com/vqsmarketing/

お問い合わせ先

◆お問い合わせ先
VQSマーケティング株式会社
担当 :西島(E-Mail:s.nishijima@vqs-m.co.jp
TEL :075-693-5072
FAX :075-693-5070

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する