日商エレ、業務シミュレーションソフトウエア「OpenText analystView」を販売開始

サービス分野: [ IT技術 ]

日商エレ、業務シミュレーションソフトウエア「OpenText analystView」を販売開始
~Microsoft(R) Visio(R)と連携し、業務の可視化・最適化を実現~

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓦谷 晋一、以下、日商エレ)は、カナダのBPMリーディングカンパニーOpenText Corporation(本社:カナダ オンタリオ州、CEO:Mark J. Barrenechea、以下、OpenText)の業務シミュレーションソフトウエア「OpenText analystView(以下、analystView)」の日本語化を終了し、本日より販売を開始します。

analystViewはMicrosoft(R) Visio(R) Premium 2010(以下、Visio)にアドオンして使用し、Visioでモデリングした業務フローの有効性を確認することで業務の可視化・最適化を実現するソフトウエアです。analystViewのシミュレーション機能により、ユーザーはVisioでモデリングした業務フローにかかわる担当者の作業コスト、作業時間などの基礎情報をシナリオとして登録するだけで、想定される総コスト・作業時間のパフォーマンスを試算することができます。これにより、Visioでモデリングした業務フロー図のパフォーマンスを検証しながら、ボトルネックのないTo Be業務として最適な業務フローと運用体制を構築することが可能となります。また、analystViewにより最適化された業務フローはXPDL形式でアウトプットされ、OpenTextのBPM製品「OpenText Process360」の開発環境と連携し、最適化した業務フローをベースにBPMイメージワークフローシステムを効率的に構築できます。

┃analystViewの特長
1.BPMNを活用したシンプルな業務モデリング
analystViewのベースとなるVisioはPremium Editionを前提とし、業務モデリングにおける標準技法であるBPMNを採用。標準の業務アイコンをドラック&ドロップし、コネクタでつなぐだけの直観的な操作で、ユーザーが業務モデリングを行うことが可能

2.シミュレーション機能による業務最適化
Visioでモデリングした業務フローにかかわる担当者の作業コスト、作業時間などの数値をシナリオとして登録することで、総コスト・作業時間のパフォーマンスの試算が可能。複数シナリオを比較することも可能で、事前にボトルネックを確認した上でTo Be業務を効率的に構築

3.最適化された業務フローをシステムへ実装
analystViewで最適化された業務フローをXPDL形式でアウトプット可能。OpenText Process360の開発環境へ業務フローを連携し、最適化した業務フローをベースに短期間でBPMシステムの構築を実現

┃価格(税別)
基本ライセンス 75,000円/ユーザー(キャンペーン価格37,500円)
(※)別途Microsoft Visio Premium 2010が必要です。

なお、販売開始にあたり、本日より9月28日まで販売開始キャンペーンを実施します。
http://www.nissho-ele.co.jp/campaign/index.html

日商エレでは1996年よりビジネスプロセスソリューションを提供しており、analystViewをベースとした業務最適化ソリューションを、金融機関をはじめ通信、流通、製造、自治体、BPO事業者などさまざまな業界に提供してまいります。

日本マイクロソフト様よりエンドースメントをいただきましたので、ここにご紹介させていただきます。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 Office ビジネス本部 本部長 ロアン・カン様

日本マイクロソフトは、日商エレクトロ二クス株式会社様のanalystView製品のリリースを心より歓迎いたします。今回の製品リリースを通じて、Visioのより広範囲なお客さまでの活用が加速するものと期待しております。今後も日本マイクロソフトは日商エレクトロニクス株式会社様との連携を密にし、お客さまのビジネスの生産性向上に貢献してまいります。

お問い合わせ先

[製品に関するお問い合わせ先]
営業部門 金融ソリューション営業本部 東京営業部 亀岡
TEL: 03-6380-8601 E-mail: analystview-sales@nissho-ele.co.jp

[プレスリリースに関するお問い合わせ先]
IT&コミュニケーション室 IT&コミュニケーショングループ 岡田
TEL: 03-6272-5014 E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する