日商エレ、エントリーツールの新バージョン「e-Entry Express+」販売開始

サービス分野: [ IT技術 ]

日商エレ、エントリーツールの新バージョン「e-Entry Express+」販売開始

日商エレ、エントリーツールの新バージョン「e-Entry Express+」販売開始
~ワークフロー機能・管理機能を強化して、ニーズに応える柔軟なエントリーを実現~

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瓦谷 晋一、以下、日商エレ)は、Webイメージエントリーシステム「e-Entry Express+(イーエントリー・エクスプレス・プラス)」の販売を7月下旬より開始します。「e-Entry Express+」は、旧製品である「e-Entry Express」の簡単で直感的な操作性に加え、新たにワークフロー機能や管理機能などを強化し、バージョンアップしたエントリーツールです。

旧製品ではダブルエントリーを採用した固定のフローのみでしたが、e-Entry Express+では帳票ごとに帳票難易度やオペレーターレベルに即した業務フローを作成することが可能です。例えば、OCRを組み込んだり、エントリー回数を増加したりなど、フレキシブルに業務フローを組み立てられるため、さまざまな業務に対応できます。

また、管理機能については、主にオペレーター統計機能や進捗管理機能、ログ証跡機能のほか、ユーザー管理機能を標準搭載しました。これにより、業務の滞留やオペレーターレベル・入力実績を可視化し、業務の効率化、最適化をサポートします。さらに、ログ証跡機能やユーザー管理機能では、適切な権限の配備とアクセスログにより、情報セキュリティの強化を図っています。

e-Entry Express+の提供により、金融・製造・商業・運輸・通信などの企業や官公庁における入力業務のほか、在宅エントリーやBPO・オフショア入力など幅広い業態に適応し、入力業務の効率化なびに情報漏えい対策やセキュリティ強化といった課題を解決します。

┃追加機能
(1)ワークフロー機能
・ドラック&ドロップによるワークフロー作成
「エントリー」「補正入力」などの基本的なタスクをドラック&ドロップし、線でつなげることで簡単にワークフロー作成が可能です。作成したワークフローをサーバーへアップロードすることにより、すぐに利用できます。

・任意タスクの作成
基本タスクのほか、任意で作成したタスクを、通常利用のタスクとして登録することも可能です。

(2)管理機能
・オペレーター統計機能
オペレーターの入力業務実績の出力が可能で、オペレーターごとに入力を実施した項目数、入力業務に要した時間、エラー率などの情報を抽出することができます。また、オペレーターの実績から、入力フォームの項目ごとに正誤率の抽出が可能なため、間違いやすい箇所を断定することができます。

・ログ証跡機能
ログイン・ログアウトのほか、「いつ」「誰が」「何をしたか」といった作業案件と作業内容を記録します。

・進捗管理機能
ワークフローで定義したタスクごとに案件の処理状況を表示し、作業の滞留状況を把握することが可能となります。ボトルネックや処理状況に応じ、対応人数の増減や入力フォームの変更などの対策へと連携させることができます。

・ユーザー管理機能
ユーザー権限、管理者権限を業務ごとに細かく設定することが可能です。旧製品では、「オペレーター」「管理者」などの役割に応じて処理権限・管理権限を付与していましたが、e-Entry Express+では業務ごとに権限を設定することが可能となり、業務従事者にのみ適切な権限を与えることができます。そのため、複数拠点で共有利用する場合でも、拠点ごとに管理を行うことが可能です。

┃価格(税別)
基本ライセンス(10ユーザー付) 3,000,000円~

┃日商エレクトロニクスについて
日商エレは、1974年よりデータエントリーシステムの開発・販売を開始し、国内納入実績600システム以上を誇るなど常に業界トップクラスを堅持しています。また、データエントリーシステム提供のみならず業務コンサルティング、インフラ設計・構築、開発、運用、保守、BPOに至るICTソリューション&サービスをワンストップで提供しています。

お問い合わせ先

[製品に関するお問い合わせ先]
営業部門 金融ソリューション営業本部 東京営業部 川端
TEL: 03-3544- 8327 E-mail: 3e-sales@nissho-ele.co.jp

[プレスリリースに関するお問い合わせ先]
IT&コミュニケーション室 IT&コミュニケーショングループ 岡田
TEL: 03-3544-3829 E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する