3D提案ソフトにハウスメーカーが求めるインテリアブランド素材が追加

メガソフト株式会社

投稿日:2012年6月12日

サービス分野: [ その他(プレゼンテーション) ]

3D提案ソフトにハウスメーカーが求めるインテリアブランド素材が追加

メガソフト株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役:井町良明)の室内空間プレゼンテーションソフト「インテリアデザイナーNeo(ネオ)」に住宅素材協力企業として、新たに「コイズミ照明」と「シモンズ」の2社が加わり、住空間の表現を豊かにする照明と寝具のブランド素材が3Dコンテンツとして追加されました。
今回の追加で住宅素材協力企業は全35社となり、ハウスメーカーなどはより実践的な3Dパースによる提案が可能となります。

■身近になる3DCG、増加するブランド素材の要求
「インテリアデザイナーNeo」には住宅素材協力企業から提供される商品の3Dパーツやテクスチャ素材が多数収録されており、それらを使って自由に空間コーディネートを行えるのが特徴です。今回新たに照明メーカー「コイズミ照明」と、世界的ベッドメーカー「シモンズ」が加わり、照明と寝具のブランド素材が3Dコンテンツとして追加されました。新築やリノベーションにおいてインテリアデザインによる物件価値の向上を図りたいと考えるハウスメーカーや工務店も多く、インテリアに表情をつける照明器具や上品なプライベート空間を演出する高級ベッドなどのブランド素材の追加によって、プランナーはより実践的で上質なインテリア空間を3Dシミュレーションで提案可能となります。

収録ブランド拡充の背景には、3DCGがグラフィックデザインの専門家だけのものから、現場への普及が進んでいる状況があります。3D提案ソフトを使えばインテリアコーディネーターや営業マンでも、プレゼンの段階からソフトに収録された照明や家具をレイアウトして、顧客に合わせた3Dパースによる提案をおこなうことが可能です。全国でヨーロピアンスタイルの家具ショップを展開している「モーダ・エン・カーサ」や、静岡県のファニチャー&インテリア専門ショップ「NIMUS(ニームズ)」など、全国各地でお客様からの要望を3Dシミュレーションによって提案するサービスが増えています。

メガソフトは今後ますます増加する3Dパースによる提案に対応し、ハウスメーカーや工務店からの要望が高いブランドを継続的に追加していく考えです。

※追加素材は6月12日より提供される無料のアップデータを適用することでインテリアデザイナーNeoに追加されます。
また、メガソフトが運営するWeb上のコンテンツライブラリー「データセンター」にも同素材が収録されており、会員であれば3Dマイホームデザイナーシリーズでも利用できます。

●「インテリアデザイナーNeo」製品情報ページ
http://www.megasoft.co.jp/interiorneo/

●3D住宅素材ダウンロード「データセンター」
http://dc.megasoft.co.jp/

【3Dソフト導入事例】
モーダ・エン・カーサ
http://www.megasoft.co.jp/3d/report_pro/case12/

NIMUS(ニームズ)
http://www.megasoft.co.jp/3d/report_pro/case26/

お問い合わせ先

【取材、お問い合わせ先】
TEL 06-6386-2058 メガソフト株式会社 広報担当/西脇・川田

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する