1分で解決できるリアルタイムQ&Aサイト『おけったー』正式公開!

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2012年3月6日

サービス分野: [ IT技術 ]

1分で解決できるリアルタイムQ&Aサイト『おけったー』正式公開!

株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、2009年12月にベータ公開した1分で解決できるリアルタイムQ&Aサイト『おけったー』に機能追加し、2012年3月6日をもって正式版として公開しました。

http://oketter.okwave.jp

『おけったー』はTwitterまたはFacebookのアカウントでログインし、質問や回答の投稿が可能な、無料で利用できるQ&Aサイトです。投稿内容がソーシャルメディアに拡散されていく仕組みのため、より多くの方の目に触れて回答投稿が集まるリアルタイム性に長けており、1分で解決できるQ&Aサイトとして発展させてきました。
このたび、正式公開とすることで、法人向けに提供する『おけったー』を活用した企業と消費者のエンゲージメントを構築するソーシャルCRMツール「おけったーエンタープライズ」のさらなる利用促進を図っていくと共に、一般ユーザーの方々にはより安心して、『おけったー』上でのQ&A型のコミュニケーションを楽しんでいただけるように注力していく考えです。
また、このたびの正式公開にあたって、新たに「お知らせ」機能を実装しました。『おけったー』内での質問や回答等の自分の行動に対する、他ユーザーからの反応等を通知することで、ユーザー同士のより一層のコミュニケーション活性化を図り、1分で解決できる『おけったー』の世界観のさらなる拡大を目指します。
なお、「お知らせ」機能は同日よりPC版にて提供開始し、後日スマートフォン版にも対応します。

■1分で解決できるQ&Aサイト『おけったー』について
http://oketter.okwave.jp
『おけったー」は1分で解決できるリアルタイムQ&Aサイト。TwitterもしくはFacebookのアカウントでログインし質問や回答を投稿できます。投稿内容は『おけったー』内に加え利用者のTwitter/Facebookを通じて拡散できるため、より多くの方からの回答が集まるリアルタイムQ&Aを実現しました。良い回答には感謝の気持ちを込めた「ありが豆」をユーザー同士で贈り合うことで、ユーザー間の良好な関係性が『おけったー』の特色となっています。また、法人向けサービス「おけったーエンタープライズ」を通じてTwitter企業アカウントと一般ユーザーの交流も促進しています。『おけったー』はPC、モバイル、スマートフォンから全て無料で利用できます。


■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の現在の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」を開設し、運営しています(月間PV:1億800万以上 ※2011年12月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトを始め100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」、個人間の知識・スキル売買サイト「Abilie(アビリエ)」等、2012年中の20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を視野に、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ
広報室 宮城
TEL: 03-5793-1194
miyagi@okwave.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する