『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』増刷(第6刷)について

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』増刷(第6刷)について

■詳細
日本プロジェクトソリューションズ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:伊藤大輔)は、2017年1月28日より全国発売した、即実践型のプロジェクトマネジメント書籍『担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座』が増刷され、第6刷になりましたことをお知らせいたします。本書籍は実践的な内容を1冊に凝縮させた書籍であり様々な書店にランキングされました。プロジェクトマネジメントの国際規格であるISO21500:2012に準拠し、プロジェクトマネジメントの専門会社としての経験を加え、分かりやすく実践的な内容の書籍となっています。

■増刷の背景
本書籍は初版を2017年1月28日に発行しましたが、増刷分第5刷の完売にともない、第6刷を発行することとなりました。

■書店ランキングについて
本書籍は各種書店から様々なランキングで取り上げていただきました。
- Amazon 「プロジェクトマネージャ」ランキング最高1位
- honto 「経営実務ランキング」最高1位
- 八重洲ブックセンター「Weekly Top10」最高2位
- 丸善・丸の内本店 「週刊ベストランキング」最高5位
- Amazon 「経営理論」ランキング最高5位


■書籍説明
●プロジェクトマネジメントへの注目度の高まり
プロジェクトは、独自の目的・目標を自ら設定し、それを期限内に自らコントロールして達成する一連の活動です。
プロジェクトを推進させ、プロジェクトをやりくりする知識や技術、能力(プロジェクトマネジメント=PM)は、どの業界でも求められ、注目度が高まっています。
企業は、自ら目的・目標を設定し、コスト、リソース、スケジュールなどを自らコントロールして仕事を進められる人物、つまり「プロジェクトマネジメント」を理解、実践できる人物を求めています。

●「実践型」をモットーに「知識と経験」のバランスを考えた書籍
本書は「実践型」をモットーに書かれています。そこで、プロジェクトマネジメントの「知識」と「経験」をバランスよく配分し解説しています。
経験のみであると汎用性が期待できません。また知識や技術のみであると汎用性はありますが実践しづらい状況が考えられます。本書は実践型で且つ汎用性のある知識と技術を提供しています。

●プロジェクトマネジメントを3つの視点と豊富な図でやさしく解説
本書は、プロジェクトマネジメントの具体的知識とツールを、「目標設定」「計画」「実行」という3つの視点を中心に分かりやすく解説しています。
プロジェクトの進捗に沿って、豊富な図を使って説明しています。
当社はプロジェクトマネジメントの教育研修事業において、3,500名以上のプロジェクトマネジャーを育てた実績があり、また150社以上と取引しています。これらの現場経験や多種多様な業種業態のお客様から得られる声を反映し、実践的かつ分かりやすくプロジェクトマネジメントについて説明しています。
本書には複数のビジネスストーリーのケーススタディがついています。本書で学んだ知識を、ケーススタディで実践できる構成になっています。

●増刷記念「プロジェクトマネジメントツール プレゼント」
出版記念として、本書で紹介したプロジェクトマネジメントツールを読者の皆様に無料でプレゼントしています。
本キャンペーンは、ご愛顧にお応えし、第6刷以降の販売でも継続いたします。
本書のケーススタディでプロジェクトマネジメントツールを使うことで、より効果的なプロジェクトマネジメントの学習ができます。

●ISO21500:2012(プロジェクトマネジメント国際規格)に準拠
本書はプロジェクトマネジメントの国際規格であるISO21500:2012に準拠した内容になっています。
この国際規格の中でも特に「最低限押さえておくべき知識と技術」をもとに、現場で実践的に使えるように説明しています。
また、本書は技術だけではなく、多数の国内またはグローバルプロジェクトでの経験をもとにしたプロジェクト成功のための知識や技術要素を多数盛り込んでいます。

●本書の構成
第1章【基本】プロジェクトマネジメントとは何か
第2章【目標設定】未来視点で目標を設定する
第3章【計画】段階的に計画を立てる
第4章【実行】実行と修正のサイクルを回す
第5章【思考】プロジェクトマネジメント思考とは ~プロジェクト成功のために~
第6章《ケーススタディ》実際にプロジェクトマネジメントを体感しよう

●著者について

伊藤 大輔(いとう だいすけ)

慶応義塾大学 経済学部卒業。大手マーケティングCRM会社に入社しグローバルプロジェクトを含む多数のプロジェクトを担当。
在職中、青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科に通い、首席で卒業(総代)。
大学院を卒業後退社し、日本プロジェクトソリューションズ株式会社を起業して、代表取締役社長に就任 、現在に至る。
青山学院大学大学院(MBAコース)「プロジェクトマネジメント」で講師を務める。一般社団法人日本PMO協会 代表理事。国立大学法人群馬大学理工学府非常勤講師。
PMP (米国PMI認定Project Management Professional)有資格者、CSM(認定スクラムマスター)有資格者、MBA (経営管理修士)。
日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、プロジェクトの専門会社として教育研修事業、プロジェクト実行支援事業、 プロジェクトツール教材開発事業を行っている。教育研修事業において、現在3,500名以上のプロジェクトマネジャーを育成、教育した実績がある。現在、大手企業、中小企業、教育機関、NPO法人等を含め約150社以上と取引をしている。

●商品情報
タイトル:担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座
単行本(ソフトカバー): 296ページ
出版社: 日本実業出版社 (2017/1/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4534054696
ISBN-13: 978-4534054692
発売日: 2017/1/28
価格:¥2,376(税込)

●販売
全国の書店
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4534054696
その他通信販売

■今後の展望
日本プロジェクトソリューションズ株式会社は、「プロジェクトマネジメントの専門会社」としてプロジェクトマネジメントに特化した①教育研修事業、②プロジェクト事項支援事業、③システム開発事業を通じ、日本におけるプロジェクトマネジメントの普及と活用のために活動しております。
この度の書籍出版は、プロジェクトマネジメントの普及と活用のための一つとしてリリースさせていただきました。
今後もあらゆるサービスや媒体を通じて、皆様にプロジェクトマネジメントの知識と技術をご提供させていただきます。

■日本プロジェクトソリューションズについて
組織概要
会社名: 日本プロジェクトソリューションズ株式会社
設立: 2013年2月
所在地: 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷三丁目スクエアビル2F
役員: 代表取締役社長 伊藤 大輔
業務執行責任者: 業務執行役 倉林 公薫
連絡先: info@japan-project-solutions.com
URL: http://www.japan-project-solutions.com/

事業内容
プロジェクトマネジメントを主軸とした
・教育研修事業・資格取得支援事業
・実務支援事業
・システムツール開発・販売事業

その他
・PMI認定教育プロバイダー(R.E.P.)
・日本PMO協会公式スポンサー
・公益社団法人渋谷法人会正会員

以上

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ先】
日本プロジェクトソリューションズ株式会社
広報
Email:info@japan-project-solutions.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する