フロンティアファクトリー、KlipschのBluetoothネックバンド型イヤホンなど3製品を発売

サービス分野: [ IT技術 ] [ エンターテイメント ] [ その他(Bluetoothイヤホン) ]

フロンティアファクトリー、KlipschのBluetoothネックバンド型イヤホンなど3製品を発売

フロンティアファクトリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:奥田 哲生)は、米Klipsch Group, Inc.社(以下、クリプシュ)のダイナミックドライバー搭載のスタンダードクラス・イヤホン「Rシリーズ」のニューモデル3製品「Reference R6 II」「Reference R6i II」「R5 Neckband」を発売いたします。
有線タイプの「R6 II」と「R6i II」を2017年11月2日(木)に、Bluetoothでネックバンドタイプ「R5 Neckband」を2017年11月末ごろに発売いたします。


■ Reference R6 II / R6i II

「R6 II」と「R6i II」は、クリプシュの伝説的なホームシアター用スピーカーであるReferenceシリーズの高度な音響技術と工業設計が盛り込まれ、このサイズで伝統のクリプシュサウンドを再現しています。
本体は、アルミニウムとエラストマーの素材で構成された洗練されたデザインで、軽量でありながら耐久性と快適さを兼ね備えています。ブラッククローム色のアルミニウムパーツを採用し、従来の「Reference R6」のブラックモデルよりも統一感のある落ち着いたカラーリングになり、防錆性も向上しています。
ケーブルは、従来の「Reference R6」で採用されていたフラットケーブルから丸ケーブルになり、タッチノイズが低減されています。
また、iOS対応リモコン搭載モデルの「R6i II」は、クリプシュの最高級ラインであるXシリーズと同じ、使いやすくてクリアな通話が可能なMFi認証3ボタンリモコンマイクを採用しました。

【Reference R6 II / Reference R6i IIの特長】
・伝説的ホームシアター用スピーカーの高度な音響技術と工業設計を投入
・軽量さと高い耐久性を両立
・ブラックのアルミパーツとイヤーチップで統一感のあるカラーリング
・丸ケーブル採用でタッチノイズを低減
・Xシリーズと同じMFi認証3ボタンリモコンマイク(R6i IIのみ)
・装着感に優れ、高い遮音性と低音レスポンスを実現する独自のオーバルイヤーチップ


■ 製品ラインナップ
名称:Reference R6 II Black
商品コード:KLRFR60113
JANコード:4937246049936
希望小売価格:9,800円(税別)
発売日:2017年11月2日

名称:Reference R6i II Black
商品コード:KLRFR6I113
JANコード:4937246049950
希望小売価格:12,800円(税別)
発売日:2017年11月2日



■ Reference R6 II / Reference R6i II スペック
デザイン:In-Ear
ドライバー形式:Dual Magnet, Dynamic Moving Coil Micro Speaker
ドライバー口径:6.5mm
周波数特性:10Hz - 19kHz
レベル(1mW):110dB
インピーダンス(1kHz):18Ω
遮音性:-22dB
差込プラグ:3.5mm
カラー:Black
重量:13.3g
リモコン(R6i IIのみ):MFi認証3ボタンリモコンマイク
付属品:オーバルイヤーチップ(シングルS/M/L、ダブルS)、キャリングケース、クリップ

※ 仕様は予告なく変更される場合があります。寸法、重量などは若干の誤差があります。



■ R5 Neckband

「R5 Neckband」は、高音質とワイヤレスによる快適性の両立はもちろん、スタイルを求める人に最適なクリプシュのネックバンド型Bluetoothイヤホンのニューモデルです。
好評発売中の「X12 Neckband」「R6 Neckband」と比較して、よりライトなデザインに変更。特徴的な本革ネックバンドはスリムかつ柔軟になり、首や襟回りへのフィット感と快適さがアップ。ハウジングは新開発の5mmダイナミックドライバーにより小型軽量化され、IPX4相当の防滴機能も備えて汗にも強くなりました。
音声操作も可能な、使いやすい大きめのボタンのコントローラーを首元部分に配置し、ブラインドでも安定感のある操作性を実現しました。cVc®によるノイズキャンセリング機能つきマイクも搭載し、環境ノイズのある場所でもクリアな音声通話が可能です。さらに、スマートフォン利用時の受信やBluetooth接続をバイブレーションでお知らせする機能も搭載しています。連続再生時間は、最大約8時間(充電時間:約1時間)、連続待受時間は最大約300時間※です。
※ 使用環境により異なります。


【R5 Neckbandの特長】
・スタイリッシュな本革製ネックバンド
・従来のクリプシュネックバンド製品よりもスリムで軽量
・新開発のDynamic moving coil Micro Driverを採用
・Bluetooth4.0に対応、aptXに対応の高音質設計
・IPX4相当の防滴仕様を備えたハウジング
・最大約8時間の連続再生と300時間の連続待受が可能なロングライフバッテリー
・iOS Battery Status Monitorでバッテリー残量の確認が可能
・装着感に優れ、高い遮音性と低音レスポンスを実現する独自のオーバルイヤーチップ


■ 製品ラインナップ

名称:R5 Neckband Black
商品コード:KLNBR50111
JANコード:4937246049998
希望小売価格:13,800円(税別)
発売日:2017年11月末日予定

名称:R5 Neckband Brown
商品コード:KLNBR50112
JANコード:4937246050000
希望小売価格:13,800円(税別)
発売日:2017年11月末日予定


■ R5 Neckband スペック
スタイル:In-Ear
ドライバー形式:Dynamic Moving Coil Micro Speaker
ドライバー口径:5.0mm
リモコンマイク:汎用3ボタンリモコンマイク(cVc® 6.0搭載)
バイブレーション機能(電源ON/Bluetooth接続/受話)
周波数特性:10Hz - 19kHz
遮音性:-22dB
重量:36g
接続方法:Bluetoothのみ
Bluetooth バージョン:Bluetooth® 4.0
Bluetooth プロファイル:Multipoint A2DP、AVRCP、Multipoint HFP
A2DP対応コーデック:SBC、AAC(R)、aptX(R)
通信範囲;最大10m(障害物がない場合)
マルチペアリング:最大8台
マルチポイント:最大2台
バッテリー 容量:110mAh
入力形式:5V DC、0.5A (microUSBによる充電)
連続再生時間:約8時間
連続待受時間:約300時間
充電時間:約1時間
本体カラー:Black、Brown
付属品:USBケーブル、オーバルイヤーチップ(シングルS/M/L ダブルS)
※ 仕様は予告なく変更される場合があります。寸法、重量などは若干の誤差があります。稼働時間などは使用環境により異なります。


■ すべての製品にオーバルイヤーチップを搭載
もちろん、どの製品にもクリプシュが誇る特許取得済みのオーバルイヤーチップが採用されています。人間の耳の穴にぴったりと収まるように解剖学的に設計された楕円形のシリコン製イヤーチップは、耳の疲労を軽減するとともに密閉性に優れ、高い遮音性と低音レスポンスを実現します。このイヤーチップがついているのはクリプシュのイヤホンだけです。


■ クリプシュについて
クリプシュ(Klipsch)社は1946年にアメリカで初めてのスピーカーブランドとして設立されました。創業者であるポール W・クリプシュ(右写真)はトーマス・エジソンとともに殿堂入りするほどの人物で、まさにオーディオ産業の礎を創った人物のひとりです。クリプシュの製品には独自の技術が多く取り入れられていることで有名であり、その音質の良さからこれまでに多くの製品が各種のアワードを受賞してまいりました。その実績が評価され、アメリカの映画館用スピーカー市場でのシェアNo.1を獲得したほか、ハードロックカフェ、GAP、ハーレーダビッドソン、Wホテルをはじめとする名だたる企業にて採用されています。日本でも音にこだわる多くのミュージシャンやオーディオ評論家からも高い評価を得て、注目のブランドとなりつつあります。

お問い合わせ先

<掲載用連絡先>
フロンティアファクトリー株式会社
http://www.frontierfactory.co.jp/

クリプシュ公式サイト
http://www.klipsch.jp/

<プレスからのお問い合わせ>
フロンティアファクトリー株式会社
東京都千代田区一番町20-3 プレミエール一番町101
広報担当:橋本   pr@frontierfactory.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する