授乳室・おむつ替え施設検索地図アプリ「ベビ★マ」が日本トイレ大賞を受賞

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ] [ 福祉・少子高齢化 ]

授乳室・おむつ替え施設検索地図アプリ「ベビ★マ」が日本トイレ大賞を受賞

■日本トイレ大賞とは
有村治子 女性活躍担当大臣の下で開催された政府の「暮らしの質」向上検討会の提言にて、 女性が暮らしやすい空間へと転換する象徴としてトイレが取り上げられています。日本トイレ大賞は、トイレに関する優れた取組を選定し、すべての女性が輝く社会づくりに資することを目的として2015年5月に創設されました。

今回の日本トイレ大賞では、応募総数378件のうち28件が受賞。全6つの大臣賞のうちベビ★マは全体的な観点から表彰される女性活躍担当大臣・男女共同参画担当大臣賞に選出されました。2015年9月4日に国立新美術館(東京都港区)にて本賞の表彰式・シンポジウムが開催、ベビ★マのチーフデザイナーを務める当社の鈴木清和が有村大臣より表彰状を受け取りました。



■新米パパの「困った」から生まれ、子育て中の親同士の支え合いで広まる「ベビ★マ」
ベビ★マは、全国の授乳室とおむつ替え施設が検索できる無料の地図アプリです。本アプリの製作者である鈴木は、子育て中、おむつ替え施設を外出先で見つけることが出来ずに「困った」という体験から本アプリを開発しました。

ベビ★マは、子育て中の親同士の支え合いで広まっていくアプリであり、新規施設の追加や施設の評価コメント等をユーザーが活発に投稿しています。その結果、現在までに16,330件の授乳室、29,136件のおむつ替え施設が掲載され、さらに「奥のベッドの方が使いやすい」「授乳室は1階と5階にある」などの具体的な情報をユーザーからユーザーに提供出来ています。さらに、子どもを抱っこしながらでも片手で即時に使用できるシンプルかつユーザー目線に立ったインターフェイスが評価され、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つデザインを顕彰する「キッズデザイン賞」2014年度奨励賞を受賞しました。

今後、ベビ★マではより多くのユーザーに安心して使っていただけるよう、ユーザービリティの向上と優良トイレ設備の普及や、日本が世界に誇るトイレ文化拡大に努めていきます。

■「ベビ★マ」アプリ概要

≪アプリ名≫ベビ★マ

≪配信開始日≫2013年9月25日(2015年7月2日より当社にて運営を開始)

≪価格≫無料

≪提供場所≫App Store / Google Play

≪カテゴリ≫メディカル

≪著作権表記≫kiyokazu suzuki

≪運営≫株式会社エストコーポレーション

≪参考URL≫http://babymap.jp/


株式会社エストコーポレーション( http://est-corporation.jp/
本社:東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス6F
代表取締役:清水史浩
事業内容:医療情報電子化サービス、コスト削減コンサルティングサービス
二次予防事業対象者把握業務・介護予防教室の運営、レクリエーション代行サービス「レクサポ」の運営
医療機関検索・予約サイト「エストドック」、予約管理システム「エストブック」の運営
すいている内科検索アプリ「ソクミテ」の運営、授乳室・おむつ替え施設検索地図アプリ「ベビ★マ」の運営
シニア向け通信教育サービス「脳レク」の運営

お問い合わせ先

■本リリースに関する報道関係のお問い合わせ
株式会社エストコーポレーション  広報担当:吉田、鈴木   E-mail:info@est-corporation.jp  Tel:03-4405-8138

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する