livedoor BOOKS、電子書籍のお試しキャンペーン

買う市株式会社

投稿日:2011年2月14日

サービス分野: [ IT技術 ] [ エンターテイメント ]

2011年2月14日
報道関係者各位

買う市株式会社
***********************************************************

livedoor BOOKS、電子書籍のお試しキャンペーン

「10円」コンテンツや「無料」立ち読みコンテンツで手軽に体験!

***********************************************************
買う市株式会社(本社:東京都千代田区飯田橋4-7-1 ロックビレイビル、代表取締役社長:松浦義幹、資本金:2億4000万円)は、当社が企画・運営するオンライン書店「livedoor BOOKS」において、電子書籍コンテンツの販売開始を記念した「電子書籍お試しキャンペーン」を3月8日(火)18:00まで実施します。

本キャンペーンURL: http://books.livedoor.com/campaign/digitalbook/startup 

■「電子書籍お試しキャンペーン」について
一人でも多くの方に電子書籍コンテンツを手軽に体験していただくため、販売価格10円の超廉価コンテンツや無料の立ち読みコンテンツを用意しました。
販売価格10円の超廉価コンテンツは、メディアファクトリーがコンテンツを供給する電子雑誌「Comic CYUTT」のNo.001‐No.005を揃えました。当初はケータイ向けのオリジナルとして作られたコミック作品が1号あたり4作品掲載されています。
無料で読める人気作品の立ち読みコンテンツとしては「南明奈デジタル写真集Platinum(アスペクトデジタルメディア)」「EUはユーロの挫折を乗り越えられるか(日本ビデオニュース)」「名画 謎解きミステリー(河出書房新社)」「人は暗示で9割動く! 完全版(すばる舎)」など10コンテンツをピックアップ。なお、立ち読みコンテンツは他にも3万点近い作品が無料閲覧できます。

livedoor BOOKSでは2011年2月2日より電子書籍コンテンツの販売を開始しました。株式会社パピレス(本社:東京都豊島区)が提供するe-books販売システム「eBookBank」を利用して提供されるもので、当初は約4万5000コンテンツのラインナップからスタートします。ダウンロードできるファイル形式は「bookend」「XMDF」「.book」「PDF(exe版)」「PDF(zip版)」「WindowsMedia-DRM」「HTML」の7種類となります。

※上記の商品名/会社名/著作の名称等は各社の登録商標または商標です。

■「livedoor BOOKS」とは
新刊本や電子書籍に加え、エコの一環として「livedoor リサイクル」で買い取った中古本の販売も行うオンライン書店です。現在、常備在庫数は新刊本と中古本を合わせ80万冊、取扱タイトル数は220万点にのぼるほか、電子書籍タイトルも4万5000タイトルをラインナップします。

■買う市 株式会社について http://corp.cau1.com/
買う市は「livedoor デパート」「livedoor BOOKS」「livedoor リサイクル」「買う市ショッピングモール」「商品検索 freec」等を運営するインターネット通販カンパニーです。
ショッピングモール事業と書籍を中心とした直販サービス事業、さらにテナント向けのサービス事業などを展開し、インターネットショッピングサービスにおいて業界基準以上のサービスはもとより、付加価値の高い新たなサービスを構築し、利用顧客や出店テナントが常に満足できる“インターネットショッピング総合サプライヤー”を目指しています。

【買う市が運営するショッピングサイト】
livedoor デパート http://depart.livedoor.com/
livedoor BOOKS http://books.livedoor.com/
livedoor リサイクル http://recycle.livedoor.com/
買う市ショッピングモール http://mall.cau1.com/
freec http://freec.cau1.com/

お問い合わせ先

買う市 株式会社 広報チーム
電話:03-5226-1841
E-mail: pr@cau1.net

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する