株式会社オウケイウェイヴ

Q&Aサイト「OKWave」に投稿された『年賀状』に関する質問を調査

#IT技術 #コンサルティング

Q&Aサイト「OKWave」に投稿された『年賀状』に関する質問を調査
株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析等を実施するOKWave総合研究所にて、「OKWave」ユーザーが投稿した『年賀状』に関する「質問」と「回答」の内容を分析しました。その結果、写真付きの年賀状を受け取った側は年賀状の処分をする際に困っている様子や、離婚に伴う年賀状の悩みが年々増加してきている傾向が見られました。

http://www.okwave.co.jp/ri/labo/report/201411nengajyo/

今回の調査では、Q&Aサイト「OKWave」に投稿された『年賀状』に関する「質問」12,700件と、その質問に寄せられた「回答」45,024件を抽出し、多角的に分析しました(抽出期間:2000年1月1日~2014年8月31日)。
『年賀状』についての質問数は2005年から2011年までは毎年減少傾向にありましたが、2012年から増加傾向となっています。男女で質問傾向の差異を比較すると、男性は「ソフト」「パソコン」といったワードが頻出し、PCでの作成に関する質問が多い傾向が見られました。女性は「結婚」「友人」といったワードが頻出し、結婚に絡んだ質問が多い傾向が見られました。また、男女問わず、年賀状の礼儀・マナーと作成ノウハウに関する質問が多く見られました。PCでの年賀状作成について、PCや周辺機器の購入相談との相関を見てみると、9月から12月にかけてPCとプリンタの購入に関する質問が増加するのに対し、ソフトやインクについてはやや遅く10月以降に増加する傾向が見られました。一方で年賀状作成がPC購入を検討する動機としている質問者は、それ以外の用途には極めて限定的であることもわかりました。
年賀状に関する質問について「悩んでいる」質問を抽出して分析してみると、「子どもの写真付き」にするかどうかで躊躇している傾向が見られました。このような「子どもの写真付き」の年賀状を受け取った感想に言及している回答を分析すると、嬉しいという意見が多いものの中にはいらないとする意見もありました。一方で古い年賀状の処分や整理をする際には写真付きの年賀状の扱いで困っている様子も見られました。
このほか、全体の数は多くないものの、2005年から2013年にかけて離婚に関連した年賀状の質問が徐々に増加傾向であることが分かりました。離婚後の転居や旧姓に戻したことで年賀状が届くのかどうかなど、複雑な事情がうかがえます。

オウケイウェイヴでは、「OKWave」の3,000万件以上のQ&Aデータをはじめとする投稿データと投稿者の性別や年齢などの属性データを基にVOC(Voice of Customer/顧客の声)分析等を行うOKWave総合研究所を通じて今後も社会性や時事性の高いテーマを取り上げ、ユーザーが疑問、悩みを解決しあえる場で生まれたやり取りを調査分析し、レポートしていきます。Facebookページにてインフォグラフィックでわかりやすくレポートするほか、法人向けにはより専門的な分析手法を用いた「OKWave総合研究所カスタムレポート」を用意しています。

■Facebookページ https://www.facebook.com/okwave.ri
■「OKWave総合研究所カスタムレポート」 http://www.okwave.co.jp/ri/labo/

■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことを企業理念に、互い助け合いの場として日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を2000年1月に正式公開しました(月間PV:1億1,000万以上、月間利用者数:4,000万人以上 ※2014年6月現在)。3,000万件以上のQ&Aデータベースを持つ「OKWave」のプラットフォームを大手ポータルサイトなど約60サイトが活用する他、企業の顧客サポート用途に「OKBiz for Community Support」として提供しています。また、「OKWave」の運営ノウハウを基にした、特許を有するFAQシステム「OKBiz for FAQ / for Helpdesk Support」を大手企業、自治体など300サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、20ヶ国語対応のソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」や、「こんまり片づけレッスン」をはじめとする各界の専門家や著名人の課金制モバイルサイト運営、音声通話によるQ&Aアプリ「OKWave Talk」など、Q&Aを軸にした感謝の気持ちでつながるサービスを提供しています。
※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

【お問い合わせ先】

株式会社オウケイウェイヴ 広報・IRグループ 宮城 miyagi@okwave.co.jp
TEL: 03-5793-1195

株式会社オウケイウェイヴのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。