「仕事を教えてあげたくなる部下」「一人前に育ててあげたくなる後輩」が共通して持っている力とは

株式会社こう書房

投稿日:2014年4月7日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ その他(書籍) ]

「仕事を教えてあげたくなる部下」「一人前に育ててあげたくなる後輩」が共通して持っている力とは

株式会社こう書房(東京都新宿区。代表取締役・鵜野大)は2014年4月の新刊として
『できるヤツは持っている「教えられ上手」の仕事力』(中尾ゆうすけ・著)
を発行しました。

あなたのまわりにもいないでしょうか。

なぜか、上司や先輩にかわいがられ、仕事のヘルプやフォローがもらえる人。
なぜか、優れた師匠やメンターに引き立てられ、貴重な「教え」をもらえる人。
とくにゴマをするでもおべっかを使うでもないのに、上の人から重用され、
大事な仕事をまかされ、有用な人脈を紹介され、どんどん活躍の場を広げていく人。

そういう「教えられ上手」な人が持っている、
「教えてあげたい、育ててあげたい」
と相手に思わせる力。それが「教えられ力」なのです。

「教えられ力」が高い、教えられ上手な人たちには、共通することがたくさんあります。
その「教えられ力」の高い人たちのノウハウを、事例をもとにまとめました。

人が成長するために必要な要素は2つしかありません。
ひとつは「みずから学ぶ」こと、
もうひとつは「周囲から教えてもらう」ことです。

このうち、「みずから学ぶ」かどうかは自分次第ですが、
「周囲から教えてもらう」は相手のあることなので、
なかなか自分の思いどおりにはなりません。

だからこそ「教えてあげたい、育ててあげたい」と相手に思わせる力、
つまり「教えられ力」を身につけられるかどうかが重要なのです。

本書は「成長したい」と願う人に必須の「教えられ力」の身につけ方を解説した、
向上心のあるビジネスパーソンにぴったりの書籍です。

新社会人の方はもちろん、彼らを教え育てていく立場の方にも、
「人が成長していく過程」を理解し実践する良いヒントになるでしょう。


◇書名◇
できるヤツは持っている「教えられ上手」の仕事力

著者:中尾ゆうすけ
定価:本体1400円+税
四六判並製・240ページ
発行:こう書房

第1章「教えられ上手」とは何か?
第2章「心」を磨く
第3章「技(スキル)」を高める
第4章「体」現する
第5章 「夢」や「目標」を達成するために

書籍詳細:http://www.kou-shobo.co.jp/book/b168020.html


◇著者略歴◇
中尾ゆうすけ(なかお・ゆうすけ)

大阪生まれ。現在は東京都在住。
技術・製造現場等を経験後、一部上場企業の人材育成部門にて、人材開発、人材採用、各種制度設計などを手がけ、理論や理屈だけではない、現場目線からの「人材戦略」や「人材育成」の重要性とその方法を日々説いている。
2003年より日本メンタルヘルス協会・衛藤信之氏に師事し、公認カウンセラーとなる。コミュニケーションを中心とした指導・育成は「成果につながる」と、受講者やその上司からの信頼も厚い。
その他、一般向けセミナーの実施、執筆・講演活動など、幅広く活躍中。
著書に『人材育成の教科書』『欲しい人材を逃さない採用の教科書』(いずれも、こう書房)、『これだけ!OJT』(すばる舎リンケージ)があるほか、人事専門誌等への寄稿や連載記事の執筆実績も豊富。

お問い合わせ先

◇本件に関する問い合わせ先◇
株式会社こう書房 担当:岩崎
〒162-0805 東京都新宿区矢来町112第2松下ビル
電話:03-3269-0581 e-mail:info@kou-shobo.co.jp
ウェブ:http://www.kou-shobo.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する