パーキング事業などのハッチ・ワーク、西武信金と提携 月極駐車場のDX化を推進

株式会社ハッチ・ワーク 掲載日:2021年6月7日

パーキング事業などのハッチ・ワーク(東京都港区)は、西武信用金庫(同中野区)と業務提携し、地域の月極駐車場のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に乗り出した。

null

月極駐車場の集客方法は、現地の看板による募集が多く、希望者はインターネット検索で気軽に見つけることができない。また申し込みから契約まで対面で行う手続きが一般的で、法的には必要ないにもかかわらず過去からの慣習で著名・押印が求められる。煩雑で手間がかかっているのが実情だ。

管理システムを導入した月極駐車場に空きが出ると、ハッチ・ワークが運営する月極駐車場検索ポータルサイト「at PARKING」や大手住宅情報サイトへ自動掲載され、利用希望者は簡単に検索できる。

契約手続きもハンコ不要のオンライン契約システムにより最短30分で完了する。さらに希望条件に合う月極駐車場が満車の場合、空きが出ると通知を受け取る予約システム「アキマチ」を利用することで、管理する不動産会社に何度も問い合わせることなく契約できる。

ハッチ・ワークは西武信金だけでなく、全国の銀行・信用金庫などに提携を呼びかけていく考えで、月極駐車場のDX化を全国に拡大する。


「フジサンケイビジネスアイ掲載」

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する