世界初、夜間に無農薬で害虫駆除 農業用「アグリドローン」出荷へ

株式会社オプティム 掲載日:2016年8月17日

ソフトウエア開発を手掛けるオプティムは、夜間に無農薬で害虫を駆除する世界初の機能を搭載した農業用ドローン「アグリドローン」を今秋出荷する。従来農作業ができなかった夜に夜行性の虫を駆逐することで、「夜の農業革命」を目指す。ほかに農作物の生育具合の観察のほか、農薬散布、通信機能など1台で多機能を担う。ITの活用による省力化につなげ、効率化することで日本の農業の競争力を高める。手軽に使ってもらえるよう価格は50万円以下を予定している。


20160817-bsl1608170500004-p1.jpg
今秋出荷予定の農業用ドローン「アグリドローン」をお披露目するオプティムの菅谷俊二社長(右)ら

アグリドローンは高齢化や後継者不足に悩む農家の負担を減らし、農作業の効率化を図るため、同社と佐賀県、佐賀大学の3者で連携協定を結び実証実験を重ねている。

搭載した近赤外線カメラ、サーモカメラなどによる精密な映像撮影と画像解析で、作物の害虫を早期発見し駆除する。また虫が好む光の波長で引き寄せて、高電圧で補殺する殺虫器を搭載している。

夜間の駆除は、農薬を使わずに虫を退治する方法を3者で検討する中で立てた仮説がきっかけとなった。夜行性の害虫は天敵の鳥を避けて昼間は葉の裏に潜み、日没後に活動することが多い特性を持っている。このため夜間に殺虫器を使って農薬を使わずに効果的に取り除けるのではないかと仮定した。

「フジサンケイビジネスアイ」

お問い合わせ先

株式会社オプティム


 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する