日本バイオベンチャー大賞 文部科学大臣賞「クオンタムバイオシステムズ」

20150310-001.jpg
文部科学大臣賞「クオンタムバイオシステムズ」
 DNA・RNA解析の時間短縮

20150310-002.png
クオンタムバイオシステムズ 本藏社長

大阪大学産業科学研究所、川合・谷口両教授の研究成果をもとに革新的1分子DNA・RNAシークエンサーの開発を行っている。本研究開発の基盤となるプラットフォームの技術的特徴は以下①〜③に挙げる通りであり、弊社が開発しているシークエンサーによりDNA・RNA解析に要する時間は大幅に短縮され、非常に安価に解析を実施することが可能となる。また、既存のDNAシークエンサーでは十分に解析ができない機能の実現により、基礎研究の進展、新規研究分野の開拓、臨床や創薬への応用発展など、多岐に渡る分野に大きな影響を及ぼすことが期待される。

①1分子でDNA・RNAの塩基配列決定が可能となり、既存のシークエンサーでは検出できないような低コピー数のDNA・RNAの検出、絶対定量解析及びそのエピジェネティクス情報の検出が可能となる②DNA・RNAの塩基そのものを直接計測する為、前処理等の化学修飾が不要であり、これら化学修飾により生じるバイアスを排除する事が可能となる③半導体ラインで製造される計測用チップと電流計測システムは、低コストで量産することが可能で、非常に低価格の検査システムを提供することが可能となる

事業面では、世界で成長が加速するDNAシークエンサー市場において、日米を拠点にグローバルに事業展開を行っていく。次世代DNAシークエンサーの開発・製造販売にとどまらず、製薬企業・アカデミアなどからの広範な解析受託も視野に幅広い事業展開を進めていく予定。

会社概要
▷設立‖2013年1月
▷本社‖大阪市西中島7|14|35(☎06-6476-7425)
▷資本金‖15億1700万円▷社長‖本藏俊彦氏

「フジサンケイビジネスアイ」

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する