[猛暑の夏]ビールが飲みたくなるスマホサイトはどれか?調査結果

株式会社ウェブレッジ

投稿日:2013年8月15日

サービス分野: [ IT技術 ] [ コンサルティング ]

[猛暑の夏]ビールが飲みたくなるスマホサイトはどれか?調査結果

 スマートフォンやPCのウェブサイトやモバイルアプリケーションの品質検証を行う株式会社ウェブレッジ(本社:東京都千代田区 代表者:代表取締役 佐藤 保 以下、ウェブレッジ)は、自社が運営する71,000人のモニター会員にwebサイトやスマートフォンサービスについて直接評価してもらうサービス『ポストコ』を利用して、「大手ビール会社※のスマートフォンサイトで最もビールがのみたくなるのはどれか」と、その理由を調査しました。※大手ビール会社:アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリービールの4社

一番「ビールがのみたくなる」のは『サントリービール』のスマートフォンサイト。ユーザービリティについて飲酒頻度別に総合点を比較したところ、呑んべえ(ほとんど毎日飲酒)の支持が1位とダントツに高かった。
ビールの飲みたくなるサイトの構成は、やはり「ビールが好きなユーザーの意見を入れる事が大切」と言った結果が見受けられた。

詳細はこちら: http://blog.postco.jp/archives/1423/?pr01

■一番「ビールがのみたくなる」のは『サントリービール』のスマホサイト

「アサヒビール」「キリンビール」「サッポロビール」「サントリービール」の4つサイトの中で、最もビールが飲みたくなると答えたユーザーが多かったのは「サントリービール(83%)」だった。「飲みたくなった」と答えたモニターノ意見を見ると、「サーバーからビールを注いでる写真でビールが飲みたい気持ちになった。(30代女性)」などと有り、トップの画像が関係している可能性がうかがえた。


■「呑んべえ」に一番人気のユーザビリティがビールを飲みたくなるサイト1番の秘訣?!

 それぞれのサイトを「デザイン」「信頼性」「情報量」「お役立ち度」「使いやすさ」の5点で評価。
その総合点を、ビールの飲酒頻度別に調査。他サイトと比べて、サントリービールは「ほとんど毎日」ビールを飲まれているモニターにすかれているサイトである事が見受けられた。
 ほとんどビールを飲まれている「呑んべえ」モニターの意見の中には「サントリーのビールが飲めるお店の紹介が出ていていい(40代 サービス業)」という意見も見受けられた。気温が38度を超える地域も出た今年の猛暑。やはり外でビールをすぐに飲みたいと思われる方が多いのかもしれません。

【ポストコについて(http://postco.jp)】
ポストコは、Webサイトやスマートフォンアプリなどをモニター(ユーザー)に直接評価してもらうサービスです。
サイトオーナー様からご依頼いただいたサイトをポストコ上で掲載し、モニター会員(約71,000人)にヒアリングする事ができます。モニターはヒアリングをレポーティングすることでスイカなどに交換できるポイントを取得できます。

【株式会社ウェブレッジ概要】

商   号 :株式会社ウェブレッジ(http://webrage.jp/)
代 表 者    :代表取締役 佐藤 保
所在地 :東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル3階
主な事業の内容 :Webサービスに関する第三者品質検証・測定事業、モバイル品質検証事業、
            クラウドソーシング型検証事業、その他検証事業

お問い合わせ先

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社ウェブレッジ
マーケティンググループ
内田 泰尚
mail:uchida@webrage.jp
TEL:03-6380-8261

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する