超音波の音圧・振動データから、新しい超音波利用を導く

超音波システム研究所

投稿日:2013年4月28日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ コンサルティング ]

超音波の音圧・振動データから、新しい超音波利用を導く

報道関係各位
                          2013年04月28日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波装置の改善・改良 <計測・解析・評価・提案>(出張)
(超音波の音圧・振動データから、新しい超音波利用を導く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波の音圧測定・解析・評価技術を応用

超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術を応用した、
超音波の<解析・評価>方法(システム技術)を開発しました。

この技術を利用した
超音波装置の<計測・解析・評価>(出張)サービスを行います。

*コメント*

現状、超音波利用に関して

利用目的に対して最適な超音波の状態を

検出・確認することは大変難しいと思います

そこで、超音波に関する日常管理に「音圧データ」を取り入れることで

最終評価状態(不良率、歩留まり、・・・)との関係を

統計データの蓄積と解析を通して、解決したいと考えて実施してきました

最近の新しい解析技術(注)を利用して分析することで

効果的な改善が実現するようになりました

このような改善を継続した結果

低出力の超音波による発振制御に発展している事例・・が多数あります

さらに継続することで

対象物固有の特性に合わせた「オリジナルの超音波利用方法」に発展しています

以上のような、超音波利用を行うためのコンサルティングを行います


注:超音波の音圧・振動データから、新しい超音波利用を導く

超音波装置の測定解析を行い

 超音波装置のセグメント化に対して、改善・改良の提案をします

 具体的な方法は、以下を参考に開発したオリジナルです

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」
 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ [単行本]
  ディミトリ・マークス (著), ポール・ブラウン (著),
  馬渕邦美 (監修), 小林啓倫 (翻訳)
  出版社: 日経BP社; 第1版 (2013/2/28)

興味のある方は、メールでお問い合わせください


参考<音圧測定解析>

 http://youtu.be/tmmnKavc5XE

 http://youtu.be/3iqDM0smsQ8

 http://youtu.be/kOCTsXXD388

 http://youtu.be/YiOjgns2O94

 http://youtu.be/N01LaxgItgc

 http://youtu.be/U9mQLRd0OXI

 http://youtu.be/kMCLS3ty-ss

 http://youtu.be/0pVGu5AnlqU

 http://youtu.be/WVfVY6T7tcM

 http://youtu.be/g10by-6OYIo

 http://youtu.be/OmjuUcXBPMI

コンサルティング報告書(サンプル) 3頁
 http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/analysis.pdf

超音波装置の改善・改良 <計測・解析・評価・提案>(出張)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

お問い合わせ先

【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
ホームページ  http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する