「キッチンタウン・クリナップ・大阪」で夜景を見ながら落語を楽しむ「天空寄席」を開催

クリナップ株式会社

投稿日:2013年3月29日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 教育・人材 ] [ その他(落語) ]

「キッチンタウン・クリナップ・大阪」で夜景を見ながら落語を楽しむ「天空寄席」を開催

クリナップ(本社:東京都荒川区代表取締役社長:井上強一)は、キッチンタウン・クリナップ・大阪(大ショールーム)において、夜景を見ながら落語を楽しむ「天空寄席」を、2013年3月26日19時より開演しました。昨年7月にオープンしたキッチンタウン初のイブニングイベントに、定員を超える55名の来場者が訪れ満員御礼となりました。

出演は上方落語の名跡で、「平成の文三」とよばれる五代目・桂文三(かつらぶんざ)さん。おいしいものを食べるのが大好きという文三さんは、食とつながるキッチンのショールームでの寄席を楽しまれ、話のはじまる枕(冒頭の雑談)から食にまつわるエピソードで会場を湧かせました。この日の演目は二席で、「時うどん」と「動物園」。落語特有の食べる仕草を取り入れた講演で、会場は多いに盛り上がりました。

キッチンタウン・クリナップ・大阪は、梅田阪急オフィスタワーの26階に、3面ガラス張りの、天空のショールームとして昨年7月にオープンしました。オープン以来、「ひとりひとりのキッチンストーリー」をコンセプトに、生活を楽しむひとが自分に合ったキッチンに出会える場所、最新のキッチンを体感できるショールームとして多くの方にご利用いただいております。

クリナップは全国102カ所のショールームを通じ、キッチンを中心とした心豊かな食・住文化をお伝えしてまいります。

お問い合わせ先

クリナップ(株) コミュニケーション部
広報・ブランド推進課  遠藤・金子
TEL:03-3810-8241 
携帯:080-5913-4213

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する