◆カタログハウスとコラボ◆ブッフェ企画充実。カタログギフト「〔リンベル〕プレスティージ」リニューアル

リンベル株式会社

投稿日:2013年3月1日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 冠婚葬祭 ] [ その他(ギフト) ]

◆カタログハウスとコラボ◆ブッフェ企画充実。カタログギフト「〔リンベル〕プレスティージ」リニューアル

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林 秀典)は高価格帯の雑貨カタログギフト「プレスティージ」およびグルメカタログギフト「プレスティージグルメ」をリニューアルし、3月より販売します。
1万円コースまでのカタログ版形とサイズを統一。人気の高まる「コト」(体験型ギフト)、こだわりの光る「モノ」を柱に、「リンベルの最上級」をより実感いただける商品を取り揃えました。

■「プレスティージ」二大特集 ブッフェも選べる体験型ギフトセレクションと「カタログハウス」とのコラボレーション■
 巻頭では、コト(体験型)ギフトを特集。特に好評掲載中のグルメご招待カードがパワーアップしました。
 シリーズ最上級の10万円コースには、懐石料理の最高峰と謳われる料亭「瓢亭」を初掲載。伝統的な茶懐石を基本とした京料理を、行き届いたおもてなしとともにお楽しみいただけます。
 その他のコースには、選べる楽しみを心ゆくまでご堪能いただける「ブッフェ企画」が登場。帝国ホテル(インペリアル バイキング サール)や、ホテルニューオータニ(ビュー&ダイニング ザ スカイ) をはじめ、主要都市のホテルブッフェを掲載しています。
 体験の掲載ジャンルも広がりました。これまでのコースグルメ、エステ、宿泊などに加え、食事付日帰り温泉、観劇、ゴルフを追加。高額コースならではの多彩な「体験型ギフトセレクション」に仕上げました。

 巻末企画にも新登場「カタログハウス ピカイチ辞典」をご用意。 株式会社カタログハウスとリンベルとのコラボレーション企画です。「通販生活」誌上の売れ筋商品から、ギフトに適した逸品を厳選。情報満載でとことん納得の品選びをナビゲートする「通販生活」紙面の味わいそのまま、「本質」「こだわり」の光るロングセラー商品がカタログギフトに登場です。

 その他、新掲載ブランドも高感度のライインナップです。デンマークを代表するデザイナー「アルネヤコブセン」や、パリ発の注目ジュエリーブランド「プランベー」、伝統的なスポーツに新たな風を吹き込む「プーマゴルフ」など、インドアにアウトドアにと、新たな上質アイテムが揃いました。

■「プレスティージグルメ」は一粒で二度美味しい頒布会、グルメ+αの充実■
 グルメ商品では、頒布会企画にワインが登場。ひと月ごとに違う産地のワインをお楽しみいただけます。
 また、上質な食材と、それをさらに美味しく味わえる器や調理器具のセットにも話題の商品が加わりました。ガスの強火でかまど炊きの味わいが楽しめる「かまどご飯釜」と、山形県産特別栽培米「つや姫」のセットなど、素材の味を十二分に楽しんでいただける組み合わせをご提案しています。
 
 「選べる」ことの楽しさ、「選んだ」満足感を味わっていただける上質な品揃えを追求したリンベルの最上級カタログギフト「〔リンベル〕プレスティージ」シリーズは、雑貨、グルメともに3月1日リニューアル発売です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■コースラインナップ
○雑貨カタログ「プレスティージ」6コース
15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、50,000円、100,000円

○グルメカタログ「プレスティージグルメ」5コース
15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、50,000円

※システム料、消費税別
※15,000円~50,000円までの5コースは、
「プラスグルメ」として雑貨+グルメの2冊セットも可

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■お求めは■
○インターネット
  リンベルホームページ http://www.ringbell.co.jp/
○全国百貨店 ほか
リンベル提携のホテル、式場、
 

お問い合わせ先

リンベル株式会社 広報宣伝部
庄司/番藤
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-6
TEL:03-3246-1145 FAX:03-3246-1146
ホームページ:http://www.ringbell.co.jp/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する