ジャーブネット 1000万円台からの認定低炭素住宅対応「木和美S」を500棟限定発売

株式会社アキュラホーム

投稿日:2012年12月26日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 生活関連技術 ]

全国の工務店ネットワーク「ジャーブネット」(主宰:株式会社アキュラホーム、社長宮沢俊哉、東京都新宿区)は、国策である認定低炭素住宅に対応した「木和美S」を、2013年1月2日(水)より限定500棟、1000万円台から発売いたします。また、同日から3月31日(日)までの期間中はジャーブネットのグッドデザイン賞受賞記念として「建て得エコ住宅応援フェア」を全国一斉開催し、ネットワークのスケールメリットを活かした太陽光発電の無料搭載や設備の無料グレードアップなどを実施します。

2012年12月4日に、国が推進する低炭素住宅の認定制度(※1)がスタートしました。省エネ法の省エネ基準と比べて1次エネルギー消費量がマイナス10%以上となることが求められるほか、「節水対策」や「ヒートアイランド対策」、「エネルギーマネジメント」「建築物の低炭素化」などの分野において一定以上の対策を講じる必要があります。
認定低炭素住宅対応「木和美S」は、標準仕様でこれらの認定基準を満たし、認定低炭素住宅にいち早く対応しています。CO2の排出を抑えて地球環境の保護に貢献するのはもちろん、光熱費を大幅に削減することが可能になります。また、認定を取得することによって住宅ローン減税などの優遇措置が受けられます。      
※1 「都市の低炭素化の促進に関する法律」
(低炭素まちづくり法)に盛り込まれています


■商品概要
商品名 : 認定低炭素住宅対応「木和美(きわみ)S」
Sの意味は「Smart」「Save」「Sustainable」
販売期間: 2013年1月2日(水)~3月31日(日)
本体価格: 1,270万円~(税込 延床面積99.36㎡~)


ジャーブネット地域工務店・ビルダーは今回の全国一斉フェアに参画することにより、低価格帯の認定低炭素住宅の販売が可能となります。今後ジャーブネットでは、会員工務店への認定制度の習得や営業ノウハウを全面的にサポートし、一般ユーザーへの普及促進と低炭素社会実現に取り組んでいきます。



■グッドデザイン賞受賞記念「建て得エコ住宅応援フェア」概要
  ジャーブネットはグッドデザイン賞をW受賞
ジャーブネットによる「木和美LCCM」と「木望の未来プロジェクト」が、2012年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン復興会)をW(ダブル)受賞しました。これを記念して、当フェアでは様々な特典をご用意しています。

開催期間 : 2013年1月2日(水)~3月31日(日)

特典1. 太陽光発電システムをもれなくプレゼント
キャンペーン期間中に注文住宅をご契約いただいた方全員に、太陽光発電システム1kW相当を無料搭載します。
さらに抽選で6名様に「年間5万円もらえる※コース」として太陽光発電3kW相当の増設、8名様には「年間3万円もらえるコース※」として1.5kW相当の太陽光発電システムを無料増設いたします。
○ 第1回抽選会     募集期間 : 2013年1月2日(水) ~2月3日(日)
             当選発表 : 2013年2月6日(水)
○ 第2回抽選会     募集期間 : 2013年2月4日(月) ~3月3日(日)
当選発表 : 2013年3月7日(木) ※専用ホームページにて当選発表予定

※太陽光発電による売電収入を含めたご家庭における光熱費の年間収支が表記金額分プラスになるということです。 試算は「オール電化」「電力買取単価42円/kWh」の場合、建築地の条件・建物面積・家族人数や、電気の使用量によって異なります。2012年12月5日現在、ジャーブネット事務局試算

特典2. 設備の無料グレードアップ
ご契約いただいた方先着500名様に、HEMSや制震システム制震ダンパーなどの最新設備を自由に組み合わせてお選びいただけるポイントを無料進呈。

特典3. 「エコ住宅 建て得相談会」を実施
住宅に関する金利や補助金・減税制度などのアドバイスと、お客様の状況や条件を考慮したうえで経済的メリットをシミュレーションします。



■ ジャーブネット(JAHBnet)
ジャーブネットは全国350社の工務店・ビルダー加盟する工務店ネットワーク組織。アキュラホームが94年に独自の住宅建設合理化ノウハウを体系化した「アキュラシステム」を開発。これまでに約2600社の全国の工務店に導入されると共に、98年に(財)日本住宅・木材技術センターの「木造住宅供給支援システム」に認定され、その仕組みをもって工務店組織「アキュラネット」(現ジャーブネット)を設立。全国規模のネットワークによるスケールメリット、地域密着企業ならではのダイレクトサービスを併せ持つネットワークとしてすでに10年以上にわたり全国のユーザーに「良質な住宅を適性価格」で提供。

お問い合わせ先

<本件について報道関係からのお問い合わせ先>
株式会社 アキュラホーム 広報課 堀越・若林 Email: aqura_pr@aqura.co.jp
住所: 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル34F  TEL:03-6302-5010 (直通) FAX:03-5909-5560

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する