株式会社アキュラホーム

1000万円台からの「総タイルの家」 100棟限定発売

#ものづくり

 日本最大級の工務店ネットワーク「ジャーブネット」(主宰:株式会社アキュラホーム、代表取締役社長 宮沢俊哉、東京都新宿区)は、2014年4月26日(土)から7月31日(木)までの期間、アキュラシステム(※1)誕生20周年を記念して、フェア“おかげさまで20周年大感謝祭”を開催いたします。
同期間中はネットワークのスケールメリットを生かし、耐久性に優れ高級素材の磁器タイルを採用した商品「総タイルの家」を“先着100棟限定で発売いたします。

 住宅市場は、2015年に消費税10%への引き上げが予定されていることに加え、2020年に向けて資材の高騰、人材不足がより進むことが予測されています。また長期的には人口減による市場縮小、需要減が懸念されており、地域工務店の生き残りはますます厳しくなっています。そこでジャーブネットでは、住まいづくりにおいて我々が大切にしている想い、『信頼』『安心』『適正価格』の3つのキーワードを明文化し、価値ある住宅をお客様へご提供することをお約束します。
 特に今年は、ジャーブネット会員が導入する工務店経営支援システム、「アキュラシステム」(※1)が誕生してから20周年を迎えます。これを節目として、ネットワークによる共同仕入れのスケールメリットなどを生かし、フェア“おかげさまで20周年大感謝祭”を開催いたします。

フェア「おかげさまで20周年大感謝祭」概要  
   期間: 2014年4月26日(土)~7月31日(木)

●耐候性、耐水性に優れた総タイル貼りの商品「総タイルの家」を発売
総タイルの家には下記2つのポイントがあります。
1.ライフサイクルコストを低減
タイル採用コストは、共同仕入れによって市場価格よりも割安でご提供することが可能となりました。磁器タイルはキズや汚れがつきにくく、経年劣化によるメンテナンスコストを大幅に削減することができます。一般的なサイディングと比べ、30年間で約150万円お得になる試算です。
2.高級感あふれるデザイン
個性を表現できる多彩なカラーバリエーションをご用意。上質な佇まいを演出します。

●設備の無料グレードアップ
HEMSや制震システムダンパーなどの最新設備を、自由にお選びいただけるポイントを無料進呈します。


商品名 : アキュラシステム20周年記念限定商品「総タイルの家」
販売期間 : 2014年4月26日(土)~7月31日(木)
仕 様 : 自由設計 長期優良住宅対応  
価 格 : 1,530万円(税込)~ 
延床面積 : 94.81㎡~(28.68坪~)

【お問い合わせ先】

<報道関係からのお問い合わせ>
株式会社アキュラホーム 広報課 堀越・若林
Email : aqura_pr@aqura.co.jp 
住所 : 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル34F  
TEL : 03-6302-5010 (直通) FAX : 03-5909-5560

株式会社アキュラホームのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。