知識・スキルを売買できる『Abilie』、 オーディオブック配信サービス「FeBe」と連携開始!

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2012年12月19日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ エンターテイメント ]

知識・スキルを売買できる『Abilie』、 オーディオブック配信サービス「FeBe」と連携開始!

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、知識やスキルをユーザー同士で売買できるソーシャルコマースサイト『Abilie(アビリエ)』にて、株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役:上田 渉)が運営するオーディオブック配信サービス「FeBe(フィービー)」との連携により、約7,000本に及ぶ音声コンテンツの“知識”を2012年12月18日より販売開始しました。

http://www.abilie.com/user_features/febe/

このたびの連携により、『Abilie』のユーザーは「FeBe」の取り扱う約7,000本の音声コンテンツを購入し、いつでもどこからでも利用することができます(※)。「FeBe」が取り扱う音声コンテンツは、ベストセラー書籍や雑誌をプロの声優やナレーターが音声化したオーディオブックをはじめ、講演会、語学番組、ラジオドラマ、新聞の音声版まで多岐にわたります。『Abilie』では、ビジネスパーソンが通勤時などにスマートフォンを用いて聴いて学べるビジネス書や学習書のオーディオブックをはじめとする音声コンテンツを販売します。
また、『Abilie』上では、販売されている音声コンテンツに関して感想や評価などの「応援コメント」をユーザーが投稿でき、ユーザー同士でより良いコンテンツを教え合うことができます。

オウケイウェイヴでは、『Abilie』における知識・経験・スキルの共有を通して、ビジネスシーンやライフスタイルなどの様々な局面で自身を成長させ、人と人との絆を深められる場を提供していきます。

※サービス開始当初は、音声コンテンツの購入は「FeBe」サイト上で行います。

■知識・スキルを売買できるソーシャルコマースサイト『Abilie』について
http://www.abilie.com
『Abilie』は誰もが持つ様々な知識や経験、スキルを売買できる、知識流通のプラットフォームです。知識や経験、スキルは、「個別相談」(テキスト送信とファイル添付に対応)をはじめ、著作権保護機能を備えたPDF形式の「ブック」及び動画形式の「動画レッスン」として販売個数や価格を決めて販売できます。『Abilie』はPCならびにスマートフォンから利用できます。

■オーディオブック配信サービス「FeBe」について
http://www.febe.jp/
「FeBe」は株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービス。2007年よりオーディオブックの配信を開始、現在約7,000本のコンテンツを所有し、日本最大のオーディオブックのパイオニアとしてプラットフォームを提供しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。ソーシャルメディアの特長をいち早く取り入れた日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を2000年1月に正式公開し、今日に至るまで運営しています(月間PV:1億800万以上※2012年7月末現在、PCサイトのみ)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内主要ポータルサイトなど約80サイトが活用。更に、その運営ノウハウを元に開発し、特許を取得した国内シェアトップのFAQのシステム「OKBiz Support」を大手企業、自治体など250サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、日本マイクロソフト株式会社との協業事業のショッピングSNS「myFave」、個人間の知識・スキルのソーシャルコマースサイト「Abilie」、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」、20言語対応の多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」などを展開し、“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たしていきます。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ 広報室 宮城 miyagi@okwave.co.jp
TEL: 03-5793-1194

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する