富士ゼロックスの複合機対応翻訳サービス『スキャン翻訳サービス』に、高電社が自動翻訳エンジンを提供!

株式会社高電社

投稿日:2012年11月5日

サービス分野: [ IT技術 ] [ アジア・新興国 ] [ その他(翻訳) ]

富士ゼロックスの複合機対応翻訳サービス『スキャン翻訳サービス』に、高電社が自動翻訳エンジンを提供!

株式会社高電社(本社:大阪市阿倍野区昭和町3-7-1、代表取締役社長:岩城 陽子)は、2012年11月5日、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本 忠人)よりサービス開始される複合機を活用した自動翻訳『スキャン翻訳サービス』に、自社開発の中国語翻訳エンジン、韓国語翻訳エンジン「J-SERVER Advance(ジェイサーバーアドバンス)」を提供いたします。

英語、中国語、韓国語など多言語翻訳が可能な「J-SERVER Advance」は、富士ゼロックスの社内はもとより各種大手企業の社内SNSや国内最多の利用者数と囁かれるエキサイト翻訳などの大手ポータルサイト、大手通信キャリアや国立国会図書館など公共機関でも数多く導入されています。

■ コピー感覚の簡単操作で、富士ゼロックス複合機で翻訳された紙面がプリントされる『スキャン翻訳サービス』

『スキャン翻訳サービス』は、コピーする簡単操作で、紙に印字された日本語や外国語の文書を自動翻訳するクラウド型(SaaS)自動翻訳サービスです。本サービスは、富士ゼロックスの複合機でスキャンされた文書がインターネットを経由してクラウド上の弊社翻訳システムが自動翻訳し、レイアウトを保持したまま同複合機でプリント出力します。
また、紙文書だけではなくパソコンからDocuWorksやPDFなどの電子文書をアップロードし、翻訳した電子文書をダウンロードする機能も備えています。
当サービスは、これまでスキャナで文字認識し、これをパソコンに取り込んで翻訳するといった作業をオフィスフロアの誰もがボタンひとつで「外国語の文書の内容をすぐに把握できる」、「母国語が異なる人同士のコミュニケーションを円滑にできる」など、ビジネス、職場でのグローバル化、スピード化をさらに前進させます。

■ 富士ゼロックスと5年以上の共同開発を行った高電社翻訳エンジン
『スキャン翻訳サービス』に搭載の中国語・韓国語翻訳エンジンは、高電社が富士ゼロックスと5年以上もの歳月をかけて共同研究、開発を行ってきた独自翻訳エンジンです。この翻訳エンジンには、専門用語辞書の分野選択の他、社員名や商品名などの固有名詞や社内オリジナルの略語など、カスタマイズが必要な単語をユーザー辞書に登録・アップロードする機能も備わっており、飛躍的に翻訳品質を向上させることができます。

■ 富士ゼロックスが培った画像処理技術により原文のレイアウトを保持したまま翻訳
原文の写真や図の配置はそのままに、文字部分のみを翻訳しますので、レイアウトを保った訳文を手にする事ができます。
また、文章のルビ位置に訳文を併記する形式や、単語単位で訳語をルビ位置に表示する形式も用意されており、一枚で2言語分の情報を兼ね備えた資料を利用することもできます。

■ 4言語対応双方向翻訳
英語⇔日本語、中国語(簡体字)⇔日本語、中国語(繁体字)⇔日本語、韓国語⇔日本語といった4言語双方向翻訳に対応しています。

■ 専門用語辞書とユーザー辞書による翻訳精度のカスタマイズ
ユーザー辞書は、最大800ファイル(1ファイルに登録可能な単語数は最大20,000語)まで登録でき、用途に応じた訳質向上が可能です。さらに英語⇔日本語では、9種類の専門用語辞書から分野を選択することもできます。

■管理システムの充実
管理者ユーザーは、ユーザーの登録や削除、管理者権限の付与、同削除、グループの登録/削除、サービスの利用状況集計などをWebブラウザ上で設定、閲覧が行えます。

【株式会社高電社 概要】 (http://www.kodensha.jp/)
1979年創業。「ChineseWriter」などの中国語入力ソフトや翻訳ソフト・サービスにおいて、日本一のシェアを誇るパイオニア企業。自社開発の中国語・韓国語翻訳エンジンは、官公庁、教育機関、大手企業等へ提供中のサービスやプロジェクトにおいて常にブラッシュアップされ、その経験に基づく技術の蓄積と確かな継続性はユーザーから高い評価を得ています。サービス形態は、パッケージ・ネットワークサービス・翻訳エンジン組み込みサービスの他、延べ350万人の利用者を誇るケータイ公式コンテンツ(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの公式サイト)等、iPhone向けアプリ等、多岐に渡ります。豊富な導入実績こそが信頼の証明です。
高電社は「言語の壁を越え、世界中の人々の心と心をつなぐ」という理念のもとに、ワンランク上の翻訳精度と機能を目指してサービスを提供し続けます。

【富士ゼロックス株式会社 概要】 (http://www.fujixerox.co.jp/)
富士ゼロックスは富士フイルムホールディングス株式会社とゼロックス・リミテッドがそれぞれ75%、25%の株式を保有する合弁企業で、デジタル複合機をはじめとしたオフィス機器、パブリッシング・システム、ドキュメント・マネジメント・ソフトウェアや関連ソリューション/サービスを、日本および中国を含めたアジア・パシフィック地域で生産・販売しています。また、同社が生産したデジタル複合機は米国ゼロックスを通じて、プリンターはOEM先を通じて、全世界に提供されています。1962年に設立、社員数は連結で約45,000人、約80の国内外関連会社/販売会社を有しています。

お問い合わせ先

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
株式会社高電社 広報担当       (所在地)〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町3-7-1
(TEL)06-6628-8880 (FAX)06-6628-2351 (E-mail) press-release@kodensha.jp
掲載URL:http://www.kodensha.jp/press/net/xerox_1211.html
富士ゼロックス株式会社 「スキャン翻訳サービス」に関して
製品

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する