ドッペルギャンガー史上最速のミニベロ発売。

ビーズ株式会社

投稿日:2012年10月18日

サービス分野: [ ものづくり ] [ その他(自転車) ]

ドッペルギャンガー史上最速のミニベロ発売。

“ ツーキニスト” を満足させる走行性能。累計10,000 台以上売り上げた人気シリーズより、ドッペルギャンガー史上最速のミニベロ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、シリーズ全体で10,000 台以上を売り上げている人気シリーズより、これまでの小径車の走行感を覆すレーサーモデルFX12 Rennfahrer( レンファーラ)、FX13 FLEDERMAUS( フレーダーマウス) を発売します。FX12・FX13 は、小径車の課題とされてきた走行性能の向上のため、細部にまでこだわったモデル。大径車からの乗り換えでも、違和感のない走行の実現を目指しました。

■走行性能への挑戦
 ドッペルギャンガーとしては初の「11-28T フリーホイール」と「52T チェーンホイール」の組み合わせを採用。フリーホイールとは、後輪の中心( ハブ) についているギア板。このフリーホイールの最小サイズと、チェーンホイールのサイズが走行性能を大きく左右します。例えば、14-28T フリーホイールと48T チェーンホイールの一般的なスペックを搭載した当社モデル204と、FX12・FX13 を比べると、204 よりFX12・FX13 はひと漕ぎで進む距離が1.37 倍長くなるといわれています。ペダルを1 回転させると204 は約5.5m、FX12・FX13 は7.6m 進む事になり、2m もの差が開く計算となります。(※理論上の数値。条件・環境により左右されます。)
これまでの小径車の走りに対する印象を変える、次世代のスピード小径車です。

■ターゲットは“ ツーキニスト”
 FX12・FX13 は、都市部で生活する20 ~ 40 代男性をターゲットにした製品。小回りの利く小径車は交通量の多い地域での走行に適しています。また、折りたたみ自転車では珍しい“ タテ型” に折りたたむ構造で、自立することが特徴。駐輪スペースを削減することが可能です。例えば、会社に駐輪場がない場合、デスク脇でも保管することができ、盗難の予防にもなります。自宅マンションのエレベーターなどにも持ち込みやすい形状で、室内保管にも最適。通勤に自転車を利用する、いわゆる“ ツーキニスト” の利便性を考えデザインされた製品です。

【製 品 名】 FX12 Rennfahrer、FX13 FLEDERMAUS
【価   格】 オープン価格 
<参考価格>[FX12]40,200 円 [FX13]39,300 円
【タイヤサイズ】 20×1.2inch
【販売開始】 2012 年10 月
【製品ページ】 http://www.doppelganger.jp/

お問い合わせ先

ビーズ株式会社 
所在地:〒577-0012 大阪府東大阪市長田東1丁目1番10号
TEL:06-6732-4300
FAX:050-3730-7786
担当:福田芳子  fukuda@be-s.co.jp 

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する