我慢しないソロキャンプ。一人用ツールームテント「カマボコテントソロTC」発売。

ビーズ株式会社

投稿日:2019年2月12日

サービス分野: [ ものづくり ]

我慢しないソロキャンプ。一人用ツールームテント「カマボコテントソロTC」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」は2019年2月12日、ポリコットン生地を本体に採用したソロキャンパー向けのツールームテント「カマボコテントソロTC」を発売します。

 「カマボコテントソロTC」は、2016年に発売を開始し、その後もDODの人気ナンバーワンのテントシリーズである「カマボコテント」シリーズの最新製品です。
 従来「ソロキャンプ」というと、荷物は最低限、現場では様々なことを我慢せざるを得ない、というイメージを持つ人も少なくありませんでした。 しかし昨今では、一人で自然と向き合いたいワイルドな野営派から、一人だからこそ贅沢な空間を作りたいラグジュアリー派まで、ひとくちに「ソロキャンプ」とまとめられないほど様々なスタイルが存在しています。 そのスタイルの豊かさを支えるべく、DODは人気製品のサイズ・素材などを見直し、ソロキャンプ用として「カマボコテントソロTC」をリリースします。

<製品特長>
1.広々使えるツールーム
 カマボコテントは一つ設営するだけで、寝室スペースとリビングスペースが立ち上がるツールームテント。 別途タープを持参・設営するのが面倒になりがちなソロキャンプでも、効率よく贅沢したい、ゆったり過ごしたいと考えるキャンパーに最適なサイズ・構造になっています。

2.頑丈で燃えにくいポリコットン生地
 本体生地には火の粉が当たっても穴が空きにくいポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地。TCとも呼ばれる)を採用。 焚き火を楽しみたいキャンパーに最適な素材を選定しました。

3.オールシーズン仕様
 先行の「カマボコテント」シリーズ同様、リビングスペースの壁部分をスクリーンタープのようにメッシュにすることができるため、夏のキャンプでは涼しく過ごすことができ、虫の侵入も防ぐことが可能。 一方、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカートも付いているため、冬も暖かく過ごすことができます。

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOD(ディーオーディー)             
【製品名】カマボコテントソロTC                 
【型番:カラー】T2-604-TN:タン                 
【サイズ】組立時外寸:(約)W170×D450×H120cm          
     収納時:(約)W60×D25×H25cm 
【重量】(約)10.3kg                      
【付属品】ペグ、キャリーバッグ                 
【材質】アウターテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
    フレーム:アルミ合金
    インナーテント:75Dポリエステル
    インナーテントフロア:150Dポリエステル(PUコーティング)
【最低耐水圧】アウターテント:350mm、フロア:5000mm
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:43,500円)
【製品ページ】https://www.dod.camp/product/t2_604_tn/

お問い合わせ先

[会社名]ビーズ株式会社 
[担当者名]中森藍 谷本隆太
[TEL]050-5306-1902(広報直通)
[Email]pr@be-s.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する