ビーズ株式会社

テーブルに隠された“大人の遊び心”。 インダストリアル調デザインのゲームテーブルを発売。

#ものづくり

テーブルに隠された“大人の遊び心”。 インダストリアル調デザインのゲームテーブルを発売。
 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2019年2月14日、趣味空間を充実させるガレージングブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、インダストリアル調のゲームテーブル「シークレット麻雀卓 DDS490-BR」を発売します。

 「シークレット麻雀卓」は一見モダンな印象のテーブル。 しかし、天板を外せばボードゲーム用のプレイマットに早変わりします。 麻雀卓をインテリアにリデザインすることで、大人の遊び心を隠し持つゲームテーブルです。

1. 無骨でシンプルな印象
 一人暮らしの方のワンルームや自室で落ち着いた雰囲気のインテリアとして使用できる本製品。 ウォールナット風の天板とアイアンフレームを掛け合わせ、無骨でシンプルな印象に仕上げました。 食卓やサイドテーブルとして、またソファと組み合わせてコーヒーテーブルとしても使いやすいタイプです。 ロースタイルなので、部屋全体が広々とみえる効果も発揮します。

2. ボードゲームのプレイマットに早変わり
 本製品は天板を外せば、別売りの麻雀やトランプ、ボードゲーム用のプレイマットに早変わり。 プレイマットとして使いやすいよう、麻雀牌やゲーム用小物にキズがつきにくいラシャ生地を選定しました。 中央部を押すとフラップが開閉する収納庫を内蔵しているので、麻雀牌一式やゲーム用品を収納できます。 開閉部もプレイを妨げないフラット設計。 麻雀の点棒やサイコロなど小物が入れられる収納ポケットも四隅に配しており、時にはドリンクホルダーとしても使えます。

 テーブルにも遊び心のエッセンスをという意図から開発された「シークレット麻雀卓」。 見た目と中身の意外性で、普段も、家族や友人との団らんや宅飲みの際にも活躍します。

<ガレージングとは>
 DOPPELGANGER(R)はこれまで、二輪車を基軸とした「自転車」や「バイク」のカテゴリーで主にアクティビティを楽しむ製品を展開してきました。 このコンセプトをさらに拡大し、愛車や趣味のものに囲まれた理想空間であるガレージでの遊び方、暮らし方を提案する「ガレージング」というカテゴリーを新たに設け、様々な製品を展開していきます。

<製品スペック詳細> 
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【材質】天板:合成樹脂化粧繊維板
【商品名】シークレット麻雀卓
【型番:カラー】DDS490-BR:ブラウン
【サイズ】W69×L(D)69×H37cm
【重量】22 kg
【材質】天板:合成樹脂化粧繊維板/合成樹脂化粧パーティクルボード
    脚部:金属フレーム(スチール)
【希望小売価格】27,600円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dds490/

【お問い合わせ先】

[会社名]ビーズ株式会社 
[担当者名]久堀悌子 飯永亮伯
[TEL]050-5306-1902(広報直通)
[Email]pr@be-s.co.jp

ビーズ株式会社のプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。