釣りシーンで注目度UP のポップカラーを採用したバスフローターボート発売。

ビーズ株式会社

投稿日:2012年7月23日

サービス分野: [ ものづくり ] [ エンターテイメント ] [ その他(アウトドア) ]

釣りシーンで注目度UP のポップカラーを採用したバスフローターボート発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社アウトドアブランドDOPPELGANGER OUTDOOR(R)((ドッペルギャンガー アウトドア)より、ポップなグレープカラーが他のボートとは一線を画す、バスフローターボートDFB102 を発売します。
 昨今の釣りブームの傾向に、カラフルでファッショナブルなアイテムで身を固めた釣り人、特に若者の増加が挙げられます。以前の「機能的だが地味」「ファッション性に欠ける」などのイメージを一新する時流がある一方で、釣り用のボートはグリーンやグレーなどのダークカラーが主流で、旧態然としたままでした。
 そこで、現在の釣りファッションにマッチする、ポップカラーを採用したバスフローターボートDFB102 を投入。ファッション性にこだわる若い世代のアングラー(釣り人)のニーズに応えました。
 DFB102 は釣り歴の浅いユーザーや、「釣女」と呼ばれる女性の入門ボートとして使いやすい、インフレータブル式のボート。空気を抜けば車のトランクにも収まるサイズになり、持ち運びも容易です。また、強度の高いラミネートPVC を採用し、耐久性や安定感にもこだわりました。
 中上級者の使用にも対応する機能としてモーターブラケットを装備。エレクトリックモーターを装着すれば、より本格的な釣りを楽しむことが可能です。既存のスタイルにとらわれず、おしゃれに釣りを楽しみたいアングラーに向けた製品です。

お問い合わせ先

[この件に関するお問い合わせ先]
ビーズ株式会社 
所在地:〒577-0012 大阪府東大阪市長田東1丁目1番10号
TEL:06-6732-4300
FAX:050-6730-7786
担当:福田芳子  fukuda@be-s.co.jp 

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する