「OKWave」のTwitter連携サービス『OたすK隊(お助け隊)』開始

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2012年5月30日

サービス分野: [ IT技術 ]

「OKWave」のTwitter連携サービス『OたすK隊(お助け隊)』開始

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、Twitterを通じて、疑問や相談事に最適な「OKWave」のQ&Aを提示する『OたすK隊(お助け隊)』の活動を2012年5月30日より開始しました。

http://entame.okwave.jp/otasuk/
http://twitter.com/OK_otasuktai

『OたすK隊(お助け隊)』は、ユーザーが質問してみたい内容をTwitter経由で「OたすK隊(@OK_otasuktai)」(Twitterアカウント)に投稿すると、「OたすK隊」がQ&Aサイト「OKWave」に蓄積された2,600万件以上のQ&A(質問と回答)の中から回答を見つけ出して返信する人力検索サービスです。プログラム等による自動返信ではなくOKWaveのスタッフ“金助”と“タイ子”がユーザーの方に代わって探しに行き、最も近しい回答を見つけてきますので、ユーザーは困った時に探す手間も「OたすK隊」に任せて、適切な回答を見つけることができます。

また、『OたすK隊』では、時節に合わせた「OKWave」の関連Q&AをTwitterを通じて紹介し、オウケイウェイヴが運営するソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」内にまとめページを開設するなど、Q&Aのやり取りによる“知の集約”を図っていく考えです。

■利用方法について
Twitterにログインしている状態で「OたすK隊」Twitter(@OK_otasuktai)へ質問を投稿します。質問を投稿する際に「@OK_otasuktai」を質問の前に記入します(例:「@OK_otasuktai 空はなぜ青いのでしょうか?」)。そうすると「OたすK隊」からユーザーのTwitterアカウントに回答を返信します(「OKWave」の該当Q&Aへのリンク)。なお、@OK_otasuktaiをフォローしなくても質問可能です。
『OたすK隊』では、いただいた質問の回答を順次探してきますが、見つからない場合には「OKWave」上で代理質問し、回答を募ることもありますので、回答に時間を要することがあります。

■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」を開設し、運営しています(月間PV:1億3,000万以上 ※2012年3月末現在)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトなど100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するFAQシステム「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等250サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、個人間の知識・スキルのソーシャルコマースサイト「Abilie(アビリエ)」、国内最大級のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」等、2012年中に20ヶ国語、200ヶ国へサービス提供し、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していきます。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ
広報室 宮城 miyagi@okwave.co.jp
TEL: 03-5793-1194

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する