定額制のM&Aセカンドオピニオンサービス

株式会社M&Aコンサルティング

投稿日:2021年12月27日

サービス分野: [ コンサルティング ]

定額制のM&Aセカンドオピニオンサービス

M&Aコンサルティングを提供する株式会社M&Aコンサルティング(東京都中央区銀座、代表取締役 髙野健二)は、M&Aに関するセカンドオピニオンサービスを定額制にし、セカンドオピニオンの普及に貢献いたします。

昨年の春に公表された中小M&Aガイドライン、さらには中小企業庁が今年より実施しているM&A支援機関登録制度の登録条件としてもセカンドオピニオンを認めることが求められており、セカンドオピニオンの裾野を広げる社会的な要請は高まっております。
https://ma-shienkikan.go.jp/

昨年末のサービスリリース以降、問い合わせをいただいて参りましたM&Aセカンドオピニオンサービスですが、時間単位制の報酬体系だったために時間を気にされながらご相談をされる方も多く、報酬体系の変更を検討して参りました。

そこで、M&Aに慣れていない経営者の方々からもっと気楽な形でご相談いただけるスタイルへと修正する意味から報酬体系を月ごとの定額制に変更いたします。

サービス内容:
M&A専門業者等からの提案に対してのアドバイス
進行しているM&Aプロセスで発生するご不明点に関するアドバイス
株式価値評価についてのアドバイス
M&A戦略の策定や進め方等に関するアドバイス

料金:
月額制(5万円)

後継者不足による事業承継問題はピークの時期に入っており、その一方でM&Aに不慣れな経営者の方々が不慣れなことを理由として第三者への承継という選択肢を諦めないで欲しいという願いから、その実現へのサポートを続けて参ります。

会社ホームページ
https://ma-consulting-japan.com/

お問い合わせ先

株式会社M&Aコンサルティング
電話 03-6311-7634
email info@ma-consulting-japan.com

 

株式会社M&Aコンサルティングによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する