Photonix 2012光・レーザー総合技術展 フランスパビリオン初出展

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ 海外・グローバル ]

フランス企業振興機構/ユビフランスがCNOP(フランス・オプティクス・フォトニクス委員会)と連携して初出展するフランスパビリオンにIxfiber社が参加します。イノベーション志向の同社は、フランスのオプティクス・フォトニクス関連の産業クラスターのなかでも真の交流の場として知られるフォトニクス・ブルターニュ競争力拠点に属しています。

フォトニクスは欧州委員会によって21世紀の5つの基幹テクノロジーのひとつに数えられています。フランスのオプティクス・フォトニクス業界は、光学技術のユーザー企業を含まないでも、約1000社、従業員数約5万人、売上高約100億ユーロ、研究機関約200団体、研究者数約13,000人を呈しています(出所AFOP社)。

業種については、やはり防衛関連市場が中心ですが、セキュリティ、航空宇宙、自動車、医療・ヘルスケア、情報通信、計測機器、工業製品などの市場にもますます浸透しています。

国際的には、フランスのフォトニクス企業の90%が自社製品を輸出しています。これらの輸出が業界の売上高全体の50%を占めています。

フランスのオプティクス・フォトニクスにおける研究は、基礎研究においても応用研究においても国際的な認知度が高く、Alfred Kastler(1966年、光ポンピング)、Claude Cohen-Tannoudji(1997年、レーザー光による原子の冷却)という2名のノーベル賞受賞者を出しています。フランスで進められているフォトニクス研究は、基礎物理学、天体物理学、マイクロ・ナノテクノロジー、光と物質の相互作用、物性科学など数多くの分野を網羅しており、こうして他の研究分野や学問領域の進歩にも寄与しています。
現在、フランスのすべてのフォトニクス関連の研究機関が、次世代超大型望遠鏡、宇宙および地球観測衛星、極限レーザーといった意欲的なプロジェクトに取り組んでいるほか、ITER(国際熱核融合実験炉)、VIRGO(フランス・イタリア共同開発の干渉計)、LHC(大型ハドロン衝突型加速器)などのプロジェクトに必要な計測機器の研究開発にも関わっています。

これらのプロジェクトは、それによって画期的な科学進歩が得られるだけでなく、オプティクス・フォトニクスにおける産業活動を大きく活性化させています。また、これらは研究機関と業界間の強力なシナジー効果の創出にも貢献しており、そのシナジー効果がヨーロッパのプロジェクトにおけるフランスのプロジェクトの採用率の高さなどの形で現れている経済活性化の土台となっています。

Photonix 2012のフランスパビリオンに出展するiXFiber社は、各種業種向けのアクティブ・パッシブ特殊光ファイバー、ファイバーブラッググレーティング技術によるコンポーネント、およびサブアセンブリーモジュールの独立系の有力メーカーです。 (www.ixfiber.com)

ユビフランス / フランス企業振興機構について
UBIFRANCE / Agence française pour le développement international des entreprises

フランス企業振興機構は、経済・財政・産業大臣、貿易担当大臣および国庫総局管轄下の公的機関です。
フランス国内外に独自のネットワークがあり、6つの地方代表事務所と各地の商工会議所との提携により輸出企業の開拓と支援を行っています。一方フランス国外では、世界60カ国に80の現地事務所を擁するネットワークを展開しています。詳しい情報はwww.ubifrance.fr をご覧ください。(フランス語)

フランス企業振興機構-ユビフランス 日本事務所
フランス企業振興機構の日本事務所は、在日フランス大使館企業振興部として2009年9月1日に開設され、東京と大阪に約35名の職員がフランスの中小企業の支援にあたっています。http://www.ubifrance.com/jp/ では、企業振興部の活動、年間のイベントカレンダーやイベントの詳細が掲載されています。(日本語)
また海外市場への参入を検討しているフランス企業や、すでに日本で事業展開をしているフランス企業の情報や製品などを検索することもできます。(英語)

お問い合わせ先

在日フランス大使館企業振興部/ユビフランス東京事務所
担当:林  TEL : 03-5798-6079

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する