「こんまり♪片づけレッスン」スマートフォン版、 NTTドコモ「dメニュー」公式サイトにて提供開始

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2012年4月2日

サービス分野: [ IT技術 ]

「こんまり♪片づけレッスン」スマートフォン版、 NTTドコモ「dメニュー」公式サイトにて提供開始

http://konmari.okwave.jp/sp/

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、著書『人生がときめく片づけの魔法』がベストセラーで話題の‘片づけコンサルタント’近藤麻理恵氏の公式スマートフォンサイト「こんまり♪片づけレッスン」をNTTドコモのスマートフォン向け「dメニュー」公式サイトとして2012年4月2日より提供開始しました。

NTTドコモのスマートフォン向け「dメニュー」公式サイトとして提供開始した近藤麻理恵・公式スマートフォンサイト「こんまり♪片づけレッスン」は、会員登録いただくと、会員から寄せられた質問の中から近藤麻理恵氏が回答するQ&Aコンテンツ「こんまりQ&A」をはじめ、同氏が考案したこんまり流「モノ別片づけレッスン」や、こんまり流「ときめき整理収納法」など多岐にわたるコンテンツが楽しめます。また、大人気の個人レッスンをメールで仮想体験できる「人生がときめくメールレッスン」が毎週携帯メールに届きます。さらに、同サイトに登録した会員同士が、片づけにまつわるナレッジ(知識)やエピソードなどをビフォー・アフター写真もつけて投稿共有できるソーシャルの場として、「みんなの片づけ報告掲示板」を提供します。

「こんまり♪片づけレッスン」は月額315円(税込)で利用可能です。これまでに3キャリアのフィーチャーフォン向け公式サイトとしても提供しています。また、今月中にau、ソフトバンクのスマートフォン向け公式サイトも提供予定です。


■アクセス方法
メニューリスト > 住まい/生活情報/恋愛/育児 > 生活情報

■片づけコンサルタント 近藤麻理恵氏プロフィール
床が見えないごちゃごちゃな部屋もホテルのスイートルームのように劇的に変える、片づけの専門家として活躍。幼稚園年長時から「ESSE」や「オレンジページ」等の主婦雑誌を愛読し、小学校で就いた係は「整理整頓係」。中学3年生の時に、ベストセラー『「捨てる!」技術』(辰巳渚著)を読んで開眼、本格的に片づけ研究を開始。大学2年生の時に、片づけコンサルティング業務を開始し、「こんまり流ときめき整理収納法」を編み出す。「一度習えば二度と散らからない」ことが評判になり、口コミだけで顧客を広げる。女性限定の「乙女の整理収納レッスン」が根強い人気を呼んでいる。レッスン卒業生のリバウンド率ゼロをキープ中。著書に『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)がある。

■株式会社オウケイウェイヴについて
http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の現在の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」を開設、運営しています(月間PV:1億800万以上 ※2011年12月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトを始め100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」、知識流通ソーシャルコマース『Abilie』等を通じて、2012年中の20ヶ国語、200ヶ国への事業展開を視野に、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ
広報室 宮城 重幸
TEL: 03-5793-1194
miyagi@okwave.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する