「韓国のデジタル教科書事業の現状」無料調査レポートを発表

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ]

報道機関各位

「韓国のデジタル教科書事業の現状」無料調査レポートを発表

2012年3月22日
エイチ・アイ・ビジネスパートナーズ株式会社

韓国市場を中心としたマーケティングリサーチ&コンサルティング専門企業のエイチ・アイ・ビジネスパートナーズ株式会社(本社:東京都江東区青海)は、この度、韓国のデジタル教科書事業の現状に関する調査結果を発表します。


【調査内容の概要】

韓国政府は2011年に「スマート教育推進戦略」を発表し、デジタル教科書開発事業の方向を修正した。当初は、紙の教科書を完全廃止することを目標としていたが、ここで、大きく方向転換される事になった。デジタル教科書を閲覧する端末機は政府が供給せず、紙の教科書を完全には廃止しない事にした。
この先の計画として、政府は、2012年にデジタル教科書関連の著作権法の整理、教科書用と書の規制に関する整備を行い、2012年から15年にかけては、スマート学習モデル(後に説明)の開発、研究のためのモデル学校における授業の実施、2014年から2015年にかけては、小中高の段階別に教科書を開発していくと報告した。(小学校用は14~15年にかけて、中学校用は14年に、高校用は15年に開発予定)
一方、教育業界ではデジタル教科書に賛成と反対が乱立している。「一般の教科書よりも、子供達の興味をかき立てることができる」「教科書に無限のコンテンツを盛り込むことができる」という賛成意見がある一方で、反対意見として、「紙に書きながら筆記する事によって、集中力を高めることができる」「デジタル教科書は補助教材として活用することはできても全面的にデジタル教科書に置き換えることはよくない」という意見も根強い。

【レポートのコンテンツ】
1.2007年からはじまったデジタル教科書構想が大きく転換
2.デジタル教科書構想の現状 ―モデル学校の様子―
3.韓国におけるスマート教育とは何か?
4.デジタル教科書の抱える課題
5.まとめ

【関連URL】
http://www.hibizpartners.com/Study/E_Text/e_textbook.html

【会社概要】
・社名:エイチ・アイ・ビジネスパートナーズ株式会社
・所在地:東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル4階
・TEL:03-5579-6942 FAX:03-5579-6952
・E-mail:info@hibizpartners.com
・URL:http://www.hibizpartners.com
・事業内容:韓国市場(ICT、環境、自動車、金融など主要産業対象)を中心に、(1)カスタムマーケティングリサーチ、(2)ベンチマーキングリサーチ、(3)調査・分析レポート作成・販売、(4)韓国進出支援、(5)韓国企業へのM&A・投資支援、(6)韓国向けマーケティングコンサルティングサービス等を提供
・代表:(代表取締役/CEO)朴 虎一

お問い合わせ先

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
エイチ・アイ・ビジネスパートナーズ株式会社
広報担当、TEL:03-5579-6942、E-mail:info@hibizpartners.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する