ドキュメンタリー映画「大津波のあとに」「槌音」が公開

サービス分野: [ その他(映画) ]

ドキュメンタリー映画「大津波のあとに」「槌音」が公開

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地 東京都新宿区/以下、SVA)は、宮城県気仙沼市と岩手県遠野市に事務所を置き、被災者支援活動を行っています。

3月10日(土)から16日(金)にオーディトリウム渋谷にて、東日本大震災発生直後、2011年3月の被災地を記録した2つのドキュメンタリー映画、『大津波のあとに』(監督:森元修一)・『槌音』(監督:大久保愉伊)が上映されます。もう一度去年の震災を考え、一緒に復興を考える機会になれば幸いです。

チケットの売り上げの一部が、SVAの被災者支援への寄付となります。

■作品紹介

◇「大津波のあとに」 監督:森元修一/日本/2011/日本語/73分
東日本大震災から、2週間後の仙台、東松島、石巻を撮影した記録。児童108人中74人が津波にのまれてしまった石巻市大川小学校を中心に描いた。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2011正式上映作品/2011REAL日本ドキュメンタリー映画上映会(中国・北京)招待作品/第26回高崎映画際正式上映作品

◇「槌音」 監督:大久保愉伊/日本/2011/日本語/23分
故郷の岩手県大槌町が被災、家族も被害に見舞われた監督が、津波に流されることを免れた震災前の貴重な映像を編み込んで綴った詩。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2011正式上映作品/ヒロシマ平和映画祭2011正式上映作品/第26回高崎映画際正式上映作品

■映画上映の詳細

◇日時:2012年3月10日(土)から16日(金)
    開演18:00-- 

◇場所:オーディトリウム渋谷
    東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F

◇料金: 前売:1,200円
当日:一般1,500円、学生1,300円、シニア1,000円

■お問い合わせ、前売券のお申し込み
SVA東京事務所 鎌倉(かまくら)、笠井(かさい) 
TEL:03-6457-4586

▽インターネット経由でもお申込みいただけます(24時間対応)
http://www.sva.or.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先■
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
Tel:03-6457-4586
FAX:03-5360-1220
E-mail:kamakura@sva.or.jp 
担当:鎌倉
http://www.sva.or.jp/

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせ先■
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2、3階
Tel:03-6457-4586
FAX:03-5360-1220
E-mail:kamakura@sva.or.jp 
担当:鎌倉
http://www.sva.or.jp/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する