株式会社ジーアイビーと愛知県豊橋市中野学区「大規模災害時における地域と事業所との支援協力」を締結

株式会社ジーアイビー

投稿日:2021年11月19日

サービス分野: [ その他(コインランドリー) ]

株式会社ジーアイビーと愛知県豊橋市中野学区「大規模災害時における地域と事業所との支援協力」を締結

コインランドリーを全国に144店舗展開している株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:鈴木 衛)は、豊橋市各校区の防災意識を高める取組みの一つである【防災の日】に、愛知県豊橋市中野校区と「大規模災害時における地域と事業所との支援協力」を締結することをお知らせいたします。当日は協定の調印式だけでなく周辺住人や各町自主防災会員・防災リーダー・消防団員・市避難所解説要員に向け、災害対応型ランドリーで常設している災害キットの取り扱い説明や豊橋市:浅井由崇市長が現地を訪問しご挨拶いただくなど、防災意識を高める行事も同時に行われる予定です。

■概要
ジーアイビーでは、普段の生活に役立つコインランドリーが、災害時には緊急の避難場所として活用できる災害対応型のコインランドリーを開発しました。近年、各地で大雨による災害が起き、大規模な停電も起きています。そういった災害による停電では、電源の確保も難しく、不安の中での生活を復旧までの間、余儀なくされます。
そんな時に、電源を確保できる場所があるのは被災者に安心を与えることができ、また同時に温かい食べ物を食べることができるのは、身も心も温めることができます。
本協定により、豊橋市で大規模災害が起きた場合、ジーアイビーではブルースカイランドリー豊橋フランテ館店で簡易発電機や120人分の炊き出しができる大釜などを提供します。これにより、有事の際は緊急避難所として被災者の方への災害支援に努めます。

■協定の名称 :  大規模災害時における地域と事業所との支援協力
■協定締結日時:  2021年11月28日 9:00~10:30
■協定締結場所:  中野小体育館
■対 応 者 :  
株式会社ジーアイビー 代表取締役 :鈴木 衛 
愛知県豊橋市 中野校区自主防災会 会長 :鈴木 清博 
■協定内容
大規模災害時((1)大規模な地震、(2)風水害、(3)その他市域において大規模な被害が発生した災害)、炊き出しセット(ガスコンロ、鍋)及び簡易発電機の提供を行い、支援を実施します。


■防災行事実施内容
・本協定調印式
・防災キット(発電機・大型炊飯器・炊き出し用コンロ・煮窯等)の取り扱い説明
・浅井市長ご挨拶
・市避難所解説要員紹介、顔合わせ
・消防本部「冬の火災予防」

■協定の経緯
2021年3月26日に災害対応型ランドリーを豊橋フランテ店に出店しました。その出店に伴い、災害対応型ランドリーが災害時に被災者の方が快適に過ごせる施設であることを、ブルースカイランドリー豊橋フランテ館の校区とする中野校区に提案したところ、ご賛同いただき今回の協定につながったものです。

■対象店舗となるブルースカイランドリー豊橋フランテ館店について
◇◇災害対応型ランドリー/2021年3月26日OPEN◇◇
〒441-8149 愛知県豊橋市中野町字平北88-19 営業時間 6:00~23:00

■災害対応型ランドリー概要
災害対応型ランドリーは「標準仕様」として3日分のLPガスを貯槽できるLPガスタンク、ポータブル発電機への接続が可能な設備を完備します。ポータブル発電機はガスを利用して発電する仕組みになっており、携帯電話充電などへ電力供給することが可能です。また、店舗にガスコンロ、ガス炊飯器を導入し、被災者向けの炊き出しが可能になります。昨今の社会情勢により三密回避に向けた分散避難が必要となる中、コインランドリーを“臨時避難所“として活用する事ができます。

■株式会社ジーアイビーについて
「さまざまなNEEDSを組み合わせてWIN×WINを提案する」このジーアイビーのビジョンをカタチにした事業のひとつが、全国展開中の「ショッピング DE コインランドリー」がコンセプトの「ブルースカイランドリー」です。ジーアイビーは、「ブルースカイランドリー」のフランチャイズ本部として機能しており、その内容は、出店用地の開発、店舗運営全般、ブランディングなどを行っています。

お問い合わせ先

■本件問い合わせ先
株式会社ジーアイビー 広報部 担当:澤井(さわい)/川竹(かわたけ)
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200 FAX:052-201-3202 e-mail:pr@gib-web.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する