2011年度ECC地球救済キャンペーンのご報告

株式会社ECC

投稿日:2012年2月10日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ その他(CSR) ]

報道関係者各位

2012年2月10日
株式会社ECC

―――――――――――――――――――――――――――――
      2011年度ECC地球救済キャンペーンのご報告
―――――――――――――――――――――――――――――
 総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美)では、1969年から継続的に行っている世界平和のための募金活動「地球救済キャンペーン」を、昨年も12月31日まで実施いたしましたので、ご報告申し上げます。

 ECCは建学の理念(注)に基づき、1969年に地球救済キャンペーンを発足し、世界平和のための募金活動を行ってまいりました。
 2011年度は例年通りの活動に加え、3月17日より「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)義援金」を主軸としたキャンペーンを展開。ご協力いただいた義援金は、日本赤十字社または地方公共団体を通じ被災地の方々にお送りさせていただきました。ECC関係者の皆さまをはじめ、企業・団体及び市民の皆さまの温かいお心に支えられて、募金を集めることができましたことをここで御礼申し上げますとともに、以下、募金総額と寄付団体をご報告申し上げます。

■募金総額 44,784,999円
(うち、東日本大震災への募金総額は37,438,713円)
【内訳】
ECC・山口学園生、社員・講師、一般:26,788,999円
企業・団体(68社):3,996,000円
ECCグループ:14,000,000円

【贈呈先及び贈呈金額】(2011年12月31日現在)
日本赤十字社(東日本大震災) 24,379,460円
宮城県(東日本大震災) 3,340,000円
福島県(東日本大震災) 3,330,000円
岩手県(東日本大震災) 3,330,000円
日本ユニセフ協会  2,000,000円
緑の地球防衛基金  2,000,000円
ザンビア共和国(トラクター寄贈) 1,308,061円
日本エイズ学会 1,000,000円
チェルノブイリ救援・中部 500,000円
AMDA 100,000円
ケア・インターナショナル ジャパン 100,000円
日本UNHCR協会 100,000円
サヘルの森 100,000円
日本国際ボランティアセンター 100,000円
難民を助ける会 100,000円
広島市 100,000円
大阪対がん協会 100,000円
日本ライトハウス 100,000円
カリタスジャパン 50,000円
北ルソン比日基金 50,000円
京都ライトハウス 50,000円
中田厚仁記念基金 50,000円
チャイルド・ケモ・ハウス 50,000円
発達障害児支援LOF教育センター 50,000円
常照園 26,308円

■「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」義援金について
引き続き2012年6月30日まで募金のご協力をお願いしております。
詳細はHPをご参照ください。  
http://www.ecc.co.jp/sc/earth/index.html

注)建学の理念:本学は外国語教授を通じて、近代的なセンスと国際的な感覚を持った社会に実際的に活躍でき得る有用な人材を育成しようとするものである。以って国際間の人々の交流と相互理解を促進し、世界の文化向上とその恒久平和樹立に寄与したい。

お問い合わせ先

≪リリースに関するお問い合わせ≫
株式会社ECC 総合研究所・マーケティング部 広報担当:泉
TEL:06-6352-0148  FAX:06-6352-0138  E-mail:kouhou@ecc.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する