グロースファクター育毛剤ヘアーコンプレックスのDr.アーメッドが国際アン チエイジング学会で学術発表

サービス分野: [ 医療 ] [ 海外・グローバル ] [ その他(美容・育毛・増毛) ]

グロースファクター育毛剤ヘアーコンプレックスのDr.アーメッドが国際アン チエイジング学会で学術発表

■Dr.アーメッドが「第3回・国際アンチエイジングシンポジウム」でチェアマンに

医学的治療におけるGF(グロースファクター=細胞成長因子)研究の世界的権威Ahmed Al-Qahtani医学博士(Dr.アーメッド・アルカタニ/カリフォルニア・アーバイン医科大学/AQ Skin Solutions社代表)が去る2011年9月2日からタイ・バンコクで行われた「第3回・国際アンチエイジングシンポジウム(国際アンチ・エイジングと再生医療医学会)」に、チェアマン(座長)として招待され、二つの活目すべき発表を行い、各国の参加者から注目と絶賛を浴びた。


■Dr.アーメッド発表内容「グロースファクターの医学的治療と化粧品への利用」について

Dr.アーメッド・アルカタニ(医学博士)が発表した内容は、以下の二題。
(1)“Stem Cell Use in Clinical Therapeutics(幹細胞を使った医学的治療について)”
博士の医学的治療の専門分野である再生医療におけるGF(グロースファクター=細胞成長因子)の利用に関するもの。
(2)“Stem Cell & Growth Factors:Their Roles in Skin Cosmetics(幹細胞とグロースファクター:その化粧品における使用について)”

近年、GF(グロースファクター=細胞成長因子)の化粧品への利用方法に世界の美容業界の関心が高まっているところから、その発表内容が非常に注目された。
この発表において、Dr.アーメッド(医学博士)はカリフォルニア・アーバイン医科大学における移植治療・手術経験を開示しながら、各種の外的なダメージによって、破壊された皮膚組織の再生や修復に、いかにGF(グロースファクター=細胞成長因子)が医学的に重要な役割をしているかについて実証的な説明を行った。
その上で博士は、これらのGF(グロースファクター=細胞成長因子)を化粧品として利用した場合、これまでの化粧品とは全く異なる驚くべき効果を得られることを示した。

■最も注目された、グロースファクターを使った発毛・育毛治療

発表内容の中でも特に注目されたのは、発毛・育毛治療薬としてのGF(グロースファクター=細胞成長因子)の利用とその驚くべき治療効果についてであった。
Dr.アーメッド(医学博士)はGF の発毛・育毛の治療効果について、以下の3 点を特に強調し述べた。

(1) 高い治療効果。(50%以上の治療効果が認められた)
ある日本の育毛治療の専門医師によれば、現在市場で発売されている発毛・育毛剤の治療効果は、わずか数%と言われている。これに対し、Dr.アーメッド(医学博士)によるGF(グロースファクター=細胞成長因子)を使用した育毛治療では、50%以上の患者に症状の改善が見られたという。

(2) 男性でも女性でも同等の効果がある。
現在市場で販売されている育毛・発毛剤は、その殆どが、“ミノキシジル”という、ホルモン剤を主成分に使用しており、これは女性ホルモンの一種であるため、男性には有効であるが、女性に対しては、治療効果がほとんど期待できないとされている。
これに対しGF(グロースファクター=細胞成長因子)は、本来人間の細胞が持っているアミノ酸レベルの因子で、細胞の再生、成長、分裂に直接係わり皮膚や頭皮の細胞を、元の若々しい細胞再生サイクルへと引き戻す効果を発揮し、男性・女性の区別無く、同等の治療効果が得られる。

(3) 副作用は全く無い。
GF(グロースファクター=細胞成長因子)は本来人間が細胞内に有する因子であり、ホルモン剤とは治療機序が異なり、体からの拒否反応や副作用は全く無い。


■「国際アンチエイジングシンポジウム(国際アンチ・エイジングと再生医療医学会)」でも絶賛された、Dr.アーメッドが開発したグロースファクター(=細胞成長因子)を主成分とした育毛剤(発毛剤)「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」

先述の通り、グロースファクターの高い治療効果は証明済みであり、近年GF は、頭皮をはじめ皮膚治療に積極的に使用されはじめている。医学上・治療上の有効性から、本格的なドクターズ・コスメとして、特に医療先進国である米国内で、大きな反響を呼んでいる。
その中でも高い注目を浴びているのが、「国際アンチエイジングシンポジウム(国際アンチ・エイジングと再生医療医学会)」のチェアマン(座長)である、Dr.アーメッド・アルカタニ(医学博士)が大学病院での“やけどの皮膚移植”の治療などの実践を通じて研究開発したグロースファクター発毛・育毛剤「Advanced Hair Complex +(アドバンストヘアーコンプレックス)」である。


■「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」は世界で一番厳しい医薬品の認可基準を有するFDA(米国・食品医薬局)が、発毛医薬品として、新規に製造・販売を認可した製品

2009年、移植医療の最先進国である米国において、「Advanced Hair Complex +」に含まれるGF(グロースファクター=細胞成長因子)に、発毛・育毛治療薬としての驚異的な有効性があることが認められ、世界で一番厳しい許認可基準を有するFDA(米国・食品医薬局=日本の厚生労働省に該当)によって、一般市場で、発毛・育毛医薬品としての使用と販売が正式認可されている。


■「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」は日本未発売の育毛剤(発毛剤)、個人輸入でのみ購入が可能

日本においては、米国AQ Skin Solutions 社製の発毛・育毛剤、「Advanced Hair Complex+」に使用されている一部のGF(グロースファクター=細胞成長因子)を育毛剤(または化粧品)の原料として使用することが、厚生労働省から未だ認可されていない。
したがって、本製品を購入して使用したい場合(一部の抗がん剤やバイアグラなどが、そうであったように)、海外の取扱ドラッグストアーで個人が直接購入するか、または、個人輸入を行う以外に入手の方法は無く、日本では個人輸入代行業務を大木バイタルサイエンス株式会社が行っている。

商品名:「Advanced Hair Complex+」
価 格:¥30,000 (個人輸入代行手続き費用等込み)
主成分:Water, Human Fibroblast Conditioned Media, Lonicera Caprifolium Flower extract など
HP(日本版):http://aqss-japan.com

■米国には既に多くの「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」のファンを獲得

グロースファクター(=細胞成長因子)の革新的なメカニズム、そして、世界で最も審査が厳しいといわれているFDA(米国・食品医薬局)が認めた製品「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」は、米国ではハリウッドセレブをはじめ、メキシコ、UAE、韓国など世界各国に多くの愛用者がおり注目を集めている。
「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」を愛用する著名人には、Gilles Marini、Thomas Howell、Nadia Bjorlin、Deidre Hall、Omar Miller、Drew Carry、CobiJones、Hoobastank Band、Tony Denison、Terrell Owens、Tito Ortiz、
Todd Bridges、Jeanne Tripplehorn、Seth Aaron Henderson、Lou Diamond Phillips、Christopher Reidなどがいる。


【商品概要】
商品名:「Advanced Hair Complex+ (アドバンストヘアーコンプレックス)」
製造及び販売:米国 AQ Skin Solutions 社
価 格:¥30,000 (個人輸入代行手続き費用等込み)
主成分:Water, Human Fibroblast Conditioned Media, Lonicera Caprifolium Flower extract など
日本窓口:AQ Skin Solutions Japan http://aqss-japan.com(個人輸入代行日本語サイト)

お問い合わせ先

AQ Skin Solutions事務局(大木バイタルサイエンス株式会社)
Mail:support@aqss-japan.com
URL:http://aqss-japan.com/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する