ぐんまちょい得キッズパスポート・ぐんまちょい得シニアパスポートの提示で利用者に特典進呈

株式会社ジーアイビー

投稿日:2021年10月5日

サービス分野: [ 福祉・少子高齢化 ] [ その他(コインランドリー) ]

ぐんまちょい得キッズパスポート・ぐんまちょい得シニアパスポートの提示で利用者に特典進呈

コインランドリー「ブルースカイランドリー」を全国に142店舗展開している株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:鈴木衛)は、2021年10月1日から群馬県下のブルースカイランドリー5店舗(ブルースカイランドリーカインズ前橋川曲店・ブルースカイランドリーカインズ前橋小島田店・ブルースカイランドリーベイシアあかぼりモール店・ブルースカイランドリーベイシア大泉店・ブルースカイランドリーベイシア前橋モール店)にて、【ぐんまちょい得キッズパスポート(以下ぐーちょきパスポート)】及び【ぐんまちょい得シニアパスポート(以下ぐーちょきシニアパスポート)】の提示でランドリー利用者に特典を設け、コインランドリーを利用する事で家事軽減(洗濯)の推進、子育て世帯や高齢者により豊かな生活の実現を目指す活動を始めました事をお知らせいたします。

■導入の経緯~ブルースカイランドリーが提案する【コインランドリーのあるライフスタイル】~
我々ブルースカイランドリーのブランドコンセプトは洗濯場の提供だけでなく、【コインランドリーのあるライフスタイル】の提供を掲げています。家事の中でも【洗濯】は日常生活の中で必ず行わなければならないものです。しかし、妊娠中や子育て世帯、高齢者は濡れた洗濯物を運ぶ、干す事は、体に大きな負担がかかり、時間もかかります。しかし、コインランドリーを利用する事で1日がかりの洗濯時間を僅か平均60分と時間の短縮をさせる事が可能なのです。

コインランドリーのあるライフスタイルを通じ、心身のリフレッシュ・余裕のある育児や介護、生産性の向上などの家事と仕事のバランス、より豊かな生活を応援する事は、群馬県が提唱する、ぐーちょきパスポート/ぐーちょきシニアパスポートの目的・意図(子育て家庭を地域全体で応援する事及び高齢者の積極的な外出を促し、地域との交流や自身の健康維持につなげる)と一致していることから、より多くの方に生活の一部としてコインランドリーの浸透を進めていくべく、この度の導入の経緯に至りました。

■ぐーちょきパスポート/ぐーちょきシニアパスポートの提示で受けることができる特典
①期間中(2021年10月1日(金)~2021年12月31日(金))のうち3日間、コインランドリーのご利用及びパスポート提示で布団も入る大きさのオリジナルランドリーバッグをプレゼント。
➁期間中(2021年10月1日(金)~2021年12月31日(金))にコインランドリーの機器利用計3,000円でハンドソープ(各店先着60名様限り)のプレゼント。
※いずれも各店舗でのご利用に限ります。

■ぐーちょきパスポートとは?
群馬県内にお住まい(またはお子様が群馬県内に通学・通園している)の子育て世帯(18歳に達して最初の3月31日を迎えるまでのお子様がいる家庭、妊娠中の方がいる家庭)に配布されているカードです。協賛店舗で提示すると、割引やプレゼントなど、さまざまな「ちょい得」サービスを受けられる、子育て世帯を地域全体で応援していく事を目的としています。

■ぐーちょきシニアパスポートとは?
群馬県内在住の65歳以上高齢者の希望者に、「ぐーちょきシニアパスポート」を配付し、協賛店において提示することで、割引などの優遇措置を受けられるようにするものです。高齢者の積極的な外出を促し、地域との交流や自身の健康維持につなげていただく事やパスポート裏面に緊急連絡先やかかりつけ医等の記載欄を設け、緊急時の連絡用カードとして活用することで、高齢者を地域で支え合う社会の実現に向けた気運の醸成につなげることも目的としています。

■コインランドリー「ブルースカイランドリー」について
ブルースカイランドリーは商業施設への出店に特化したコインランドリーです。
家事の軽減や家族との時間を増やす為、コインランドリーを上手に利用したライフスタイルを提案しております。
ブルースカイランドリーの特徴として、毎日午前中(9:00~12:00)の3時間パート従業員が常駐しており、店内の清掃やお客様への接客を行っております。また、サービス面・防犯面におきましても、専用のコールセンター、監視カメラを設置することにより、お客様に安心してご利用いただける店舗となります。

お問い合わせ先

■本件問い合わせ先
株式会社ジーアイビー 広報部 担当:澤井(さわい)/川竹(かわたけ)
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200 FAX:052-201-3202 e-mail:pr@gib-web.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する