ワークショップを 職場でもオンラインでも再現できる対話ツール 「問いかけカード~交流を促す編」

株式会社エンパブリック

投稿日:2021年2月10日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

ワークショップを 職場でもオンラインでも再現できる対話ツール 「問いかけカード~交流を促す編」

プロ・ファシリテーターによるワークショップを職場でもオンラインでも再現できる対話ツール「問いかけカード~交流を促す編」を2月10日に発売

チームメンバーの心の距離を縮める対話を始めよう!

対話を通したコミュニティづくりを専門とする株式会社エンパブリック(東京都文京区、代表取締役:広石 拓司)は、プロのファシリテーターが行うワークショップを職場で手軽に行える対話ツール「問いかけカード~交流を促す編」を2021年2月10日に販売を開始します。
詳細はこちら→https://empublic.jp/toikake_card

【Key figure】
チームメンバーの交流を深め、信頼関係を構築することは、どの職場でも大きな課題となっています。近年、多様な働き方が広がる中で、また新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークが増加する中で、メンバーの関係づくりは、ますます大きな課題となっています。

対話を通したコミュニティづくりを専門とするエンパブリックでは、プロのファシリテーターが実施してきた交流を促すワークショップを職場で、またオンラインで実施するために必要なツールをまとめた「問いかけカード」を開発、提供してきました。対話を始め、展開するために必要な「問い」、その問いを活かしたワークショップの進め方をまとめたファシリテーター・ガイドを利用することで、質の高い対話を自分達で行うことが可能になります。

これまで、当社では、「問いかけカード」を地域づくりや職場活性化の担い手が参画する当社会員向けに提供し、活用されてきました。また、2020年4月には、緊急事態宣言時に、対面でのコミュニケーションが難しくなった状況に対して、現状への不安を共有し、できることをオンラインで話し合うための「問いかけカード」として、「今の状況を分かち合う」「チームのこれからを考える」を緊急開発し、無償で公開しました。公開されたカードは国内外からのべ2,000件以上のダウンロードがあり、「行き詰まりを突破できた」「チームの結束を保つことができた」とご好評をいただきました。

今回、会員向けに提供し、好評を得てきた、チームメンバーの交流を促すことを目的とする「問いかけカード」3種をセットで2月10日に販売いたします。セットは「私のトリセツ」「私の情熱ストーリー」「経験をシェアしよう」の3つのための「問い」のセット(PDFファイル)、ファシリテーター・ガイドから構成され、価格1,650円(税込)です。

「問いかけカード」を活用することで、メンバーの得意、不得意、モチベーションの源泉、意外な一面を引き出すワークショップを、プロのファシリテーターがいなくても職場で行うことができます。また、オンラインワークショップにも対応しているため、テレワークでのチーム・ビルディングにも最適です。「問いかけカード」を、メンバーの相互理解を深め、チーム力を高めるツールとして、ご活用ください。

【商品情報】
「問いかけカード~交流を促す編」
発売日           : 2021年2月10日
価格            : 1,650円(税込)
形状            : PDFファイルダウンロード
企画・制作・販売      : 株式会社エンパブリック
商品紹介サイト       : https://empublic.jp/toikake_card
商品販売サイトempublic STORE: https://empublic.stores.jp/

<商品内容紹介>
「問いかけカード」は、対話を効果的に進めるための「問い」カードのセットと、ワークショップ実施のためのファシリテーター・ガイドをまとめたものです。
PDFファイルで提供し、カードに印刷して対面で活用することも、オンライン上で活用することもできます。また、ファシリテーター・ガイドは対面用、オンライン用があり、参考動画を視ることで効果的に実施することができます。

<セット内容>
1) 「私のトリセツ」
メンバーそれぞれが自分の得意、不得意を周りの人とシェアし、自分の望む“自分との接し方”(自分の取扱説明書:トリセツ)を作る過程で、お互いを知り合います。
2) 「私の情熱ストーリー」
自分の「好きなこと、情熱を持てること」を共有します。
3) 「経験をシェアしよう」
今の仕事以外での自分の経験や価値観を伝えあいます。
4) ワークショップガイド
問いかけカードを使ったワークショップの進め方のガイド

【シリーズ発行について】
これまで当社では、会員向けに「問いかけカード」シリーズとして、会議活性化やマーケティングに役立つワークショップガイドを提供してきました。それらを今後、「問いかけカード」として販売していく予定です。詳細は、当社HP、販売サイトでご確認ください。
https://empublic.jp/publication

【エンパブリックのワークショップ実施応援シリーズ】
エンパブリックでは、より多くの職場、地域でワークショップを自ら運営できるように、ワークショップのノウハウをまとめ、ツールとして提供しています。商品販売サイトempublic STOREにて好評販売中です。
https://empublic.stores.jp/

・書籍「あなたの経験をみんなの学びに 共に考える講座のつくり方」
 著者  :広石 拓司
 発行  :株式会社エンパブリック
 出版  :2012年
 価格  :1,100円(税込)
 ISBN-13:978-4990669508
・ワークショップガイド「カフェ型トークをしよう~ワールドカフェによる交流の場の企画・運営セット」
・まちあるき企画・運営ガイド「気付きのある『まちあるき』をしよう」

【株式会社エンパブリック】
「思いのある誰もが動き出せ、新しい仕事を生み出せる社会」を目指し、地域・組織の人たちが知恵と力を持ち寄る場づくりと、社会課題解決型の事業開発や起業に役立つプログラムを提供している。組織開発、地域づくりのためのワークショップを1年間に300件以上実施している。2008年創業。

商号  : 株式会社エンパブリック
代表者 : 代表取締役 広石 拓司
所在地 : 〒113-0032 東京都文京区弥生2-12-3 2階
設立  : 2008年5月
事業内容: 地域コミュニティ醸成支援、
      社会起業・サステナビリティ経営の開発支援と担い手育成
URL   : https://empublic.jp/

お問い合わせ先

株式会社エンパブリック
担当 : 矢部(やべ)・高橋(たかはし)
TEL : 03-6303-3195
FAX : 03-6801-6363
Email: info@empublic.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する