コインランドリーで子供達の未来応援プロジェクトを始動

株式会社ジーアイビー

投稿日:2021年1月14日

サービス分野: [ 福祉・少子高齢化 ] [ 教育・人材 ] [ その他(コインランドリー) ]

コインランドリーで子供達の未来応援プロジェクトを始動

コインランドリー「ブルースカイランドリー」を全国に123店舗展開している株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:鈴木衛)は、2021年1月1日から店舗に設置しているサイネージで、周辺企業やメーカーなどの動画広告の配信をスタートします。それに伴い、店舗周辺の子供達を応援する一環として、地域のスポーツ少年団の団員募集広告やサークル活動を店舗設置の大型サイネージで来店者に配信し、地域の子供達が活躍できる場所の情報発信をサポートしていくことを始めます。

■サイネージ広告とは
現在、ブルースカイランドリーでは各店舗に55インチのサイネージを設置しており、営業時間内は本部より遠隔操作で動画を配信している。お客様へは、コインランドリーに見合ったお知らせを配信し、それぞれの店舗でオリジナルの動画が配信出来る事や、地域や店舗に見合った情報が即座に配信出来る事が魅力です。




■サイネージ広告を活用した地域活性化
ブルースカイランドリーはスタッフが午前中常駐(一部店舗を除く)している為、接客や清掃面でお客様に満足していただいていたり、24時間対応のコールセンターや監視カメラを設置している事で防犯面においても女性や主婦、ファミリー層にご好評をいただいています。そういったお客様が集まる中、店舗案内だけではなく、この度法人様向けにサイネージ広告枠を作り、地域の法人様に向けサイネージ広告を募る事で、地域の【情報交換の場】としてもご活用できるようなサービスがこの度2021年1月1日より開始されます。


■子供達の未来応援プロジェクトについて
そんな中、昨今の社会情勢や少子化問題、スポーツをする環境が少なくなっている事が問題視されており、子供達の活動の場を応援する一環として店舗周辺にあるスポーツ少年団の団員募集やサークル活動の広告につきましては無料で配信します。ターゲット層が多く集まるコインランドリーでのPRを行う事でお洗濯をするだけの場ではなく、お子様が活躍できる場所の情報を発信することができ、地域の活性化に貢献できればとの想いで子供達の未来応援プロジェクトが発足いたしました。


■ジーアイビーの社会貢献活動について
ブルースカイランドリーでは様々な社会貢献活動に注力しております。近年の災害の多発化・激甚化により生まれた、コインランドリーを“臨時避難所“として活用できる災害対応型ランドリー(現在、全国123店舗中13店舗)の展開や、SDG‘sの取り組みとして、お洗濯=水という発想で水に関する社会貢献ができないかという想いから、1回洗濯される度に1円を水に関するNGO団体(ウォーターエイド)に寄付する「1cycle for 1smile」プロジェクトも進行しており、子供達の未来応援プロジェクトはそういった社会貢献のひとつとなります。

■コインランドリー「ブルースカイランドリー」について
ブルースカイランドリーは商業施設への出店に特化したコインランドリーです。
家事の軽減や家族との時間を増やすため、コインランドリーを上手に利用したライフスタイルを提案しております。
ブルースカイランドリーの特徴として、毎日午前中(9:00~12:00)の3時間パート従業員が常駐しており、店内の清掃やお客様への接客を行っております。また、サービス面・防犯面におきましても、専用のコールセンター、監視カメラを設置することにより、お客様に安心してご利用いただける店舗となります。

お問い合わせ先

■本件問い合わせ先
株式会社ジーアイビー 広報部 担当:澤井(さわい)/川竹(かわたけ)
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200 FAX:052-201-3202 e-mail:pr@gib-web.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する