【全国110店舗目/コインランドリー】ブルースカイランドリー マルエツ一の割店オープン!

株式会社ジーアイビー

投稿日:2020年8月24日

サービス分野: [ その他(コインランドリー) ]

全国にコインランドリーを展開する株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役:鈴木 衛)は2020年8月25日(火)10:00にコインランドリー『ブルースカイランドリー』をアニメ・漫画「クレヨンしんちゃん」が誕生した街 埼玉県春日部市にOPENします。「ブルースカイランドリー」は今回の出店で110店舗目となり、埼玉県下では5店舗目です。

今まで、「ブルースカイランドリー」は 様々な商業施設へ出店してまいりましたが、株式会社マルエツ(本社:東京豊島区、代表取締役社長:古瀬 良多、以下マルエツ社)への出店は初となります。
マルエツ社は関東方面を中心に現在302店舗展開しており、毎日楽しく便利にお買物をしていただける生鮮食品を中心としたスーパーマーケットで、食料品の他、日用雑貨など、幅広く品揃えしています。

店舗周辺は駅から徒歩5分圏内に位置し、周辺1~2kmには住宅が密集し、幼稚園や保育園、小学校、中学校がありファイミリー層の方が住んでいます。
地域のお客様のニーズにお応えしているマルエツ社とブルースカインランドリーのターゲット層が一致している事から今回の出店の運びとなりました。
多くのファミリー層や幅広い年齢層のお客様にご利用いただけるよう、一人でも多くのユーザーに知っていただき、春日部市民の皆さんの生活の一助になるよう地域に根付いた店舗を目指して参ります。
 
■新型コロナウイルスとコインランドリーについて
新型コロナウイルスの問題が深刻化しており、社会的な影響が出ております。
臨時休校やリモートワークで、特にお子様がいる御家庭では普段より家事が増え大変な日々が続いていると思います。また、行政から必要時以外は外出を控えるようにと呼びかけがあり、仕事や食料品の買い物ぐらいでしか外出できません。そんな中、ジーアイビーではスーパーやホームセンターにコインランドリーを出店し、買い物のついでに洗濯や乾燥をしていただくことで、多少なりとも日々の生活に気持ちのゆとりを持っていただけることを願っております。

■オープンイベントのご案内
◇イベント1:ご利用金額全額ポイント還元キャンペーン!(実質無料になるとってもお得なキャンペーン!)
◇期間:8月25日(火)10:00~8月31日(月)終日
※店内中央の精算機にてポイントカードを購入→そのままポイントカードを使用し精算機にてお支払いしていただくと現金で利用された金額分がポイントカードに加算されます。

◇イベント2:ご利用のお客様 先着50名様にオリジナルランドリーバッグプレゼント!
期間:8月25日(火)~8月26日(水) 各日10:00~15:00
※コインランドリーをご利用していただいたお客様限定となります。

■ブルースカイランドリーについて
ブルースカイランドリーの特徴として、店内の清掃など 利用者の皆様に綺麗で快適な店舗をご提供していくことです。専用のコールセンター、監視カメラを設置することにより、お客様に安心してご利用いただける店舗となります。

■株式会社ジーアイビーについて
株式会社ジーアイビーのビジョン「さまざまなNEEDSを組み合わせてWIN×WINを提案する」をカタチにした事業のひとつが、現在全国展開中のコインランドリーブランド『ブルースカイランドリー』です。ブルースカイランドリーは、『ショッピング DE コインランドリー』をコンセプトに商業施設への出店に特化したコインランドリーブランドです。家事の軽減や家族との時間を増やしたコインランドリーのあるライフスタイルを提案して参ります。

<概要>
ブルースカイランドリー マルエツ一の割店
【住 所】埼玉県春日部市備後東1丁目24-1
        マルエツ一の割店西側出入口横
【電話番号】0120-367‐808
【営業時間】24時間営業
【 U R L 】http://www.bsl-web.co.jp/

<会社概要>
株式会社ジーアイビー
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200  FAX:052-201-3202
URL:https://gib-web.jp/

お問い合わせ先

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ジーアイビー 広告部 担当:澤井・川竹
TEL:052-201-3200  FAX:052-201-3202  e-mail:pr@gib-web.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する