買い取り専門店アシストの 「下取りチェッカー」にAIチャットボット「kuzen」が導入されました

株式会社コンシェルジュ

投稿日:2020年7月15日

サービス分野: [ IT技術 ]

買い取り専門店アシストの 「下取りチェッカー」にAIチャットボット「kuzen」が導入されました

株式会社コンシェルジュ(所在地:東京都千代田区、代表取締役 CEO:太田匠吾、以下「コンシェルジュ」)は、東京都や神奈川県を中心に年間5,000件以上の買取実績を持つ、株式会社アシスト(所在地:神奈川県大和市、代表者:西川 心二、以下「アシスト」)の下取り査定をLINE上で行う「下取りチェッカー」にAIチャットボット「kuzen」の提供を開始しました。

家具や家電をはじめ業界屈指の幅広い買取品目数で、なんでも買取を実施するアシストには、お客さまから下取りに関しての問い合わせが日々、多く寄せられており、従業員が一つひとつ電話やメールなどで対応しております。

近頃の外出自粛などの影響により、自宅で過ごす時間が長くなった方々が断捨離や片付けを行うことも多く、買取需要が増加しております。それに伴い、お問い合わせも増加傾向にあり、対応する従業員の負荷が増えていました。

このたび、導入いただいたLINE公式アカウント「下取りチェッカー」では、お客様が下取り査定して欲しい物の写真や製品の型番を送信することで、該当の商品候補を探し出して表示させ、実際の下取り金額を予測表示します。
また、お客様にご入力いただいた情報を元にお引取先の該当店舗情報を表示し買取申込を行うなど、kuzenの外部API連携、カスタムデータべース連携をご活用いただき実現しております。

従来の電話やメール、実店舗で従業員が対応していた問い合わせチャネルにkuzenのAIチャットボットを加えることで、24時間365日お客様は下取り価格の確認や引取店舗の確認、下取り申込みをスマートフォン1つで行うことを実現しました。

簡単にスマートフォンで下取り査定を行える手軽さ、チャットボットによる24時間365日の対応時間拡大により、今まで実店舗に行くことを手間に感じていたお客様にも活用を促し、今まで逃していた客層の獲得を狙います。
また、一部のお問い合わせ業務の自動化により従業員への業務負荷削減も目指します。

今回、多数のAIチャットボットを比較し、カスタムデータベースなどの機能面の豊富さやLINEインターフェースと柔軟な連携、サポートのスピードや手厚さなどの理由からkuzenを選定いただきました。

▼コンシェルジュについて
コンシェルジュは、 企業と顧客の距離を近づけることをテーマに、 AIチャットボット「kuzen」の開発・販売を行うスタートアップ企業です。
カスタマーサポート領域、 マーケティング領域などにおいてAIによる自動応答、 複雑な自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

▼会社概要
会社名: 株式会社コンシェルジュ
設立: 2015年2月
代表取締役 CEO: 太田匠吾
所在地: 東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 6F
事業内容: 高機能AIチャットボット「kuzen」の開発・運営
連絡先: info@conciergeu.com
     03-6910-0470
製品URL: https://www.kuzen.io/
会社URL:https://corp.conciergeu.com/

お問い合わせ先

株式会社コンシェルジュ
URL:https://corp.conciergeu.com/
電話:03-6910-0470 
メールアドレス:info@conciergeu.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する