「めざせ!『エアコンいらずの家』モニターキャンペーン」を実施

株式会社アキュラホーム

投稿日:2011年10月17日

サービス分野: [ その他(モニターキャンペーン) ]

株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、社長:宮沢 俊哉)は、10月15日(土)から11月30日(水)の期間(※1)、当社が取り組んできたエコ・コンセプト(環境共生)に賛同いただける方を募集する「めざせ!『エアコンいらずの家』モニターキャンペーン」をスタートしました。当社で契約の上、応募いただいた方の中から抽選で30名様に、四季を感じながら快適に暮らすためのエコ設計(エコ仕様設備)・エコ暮らしの提案と、エコ特別仕様をモニター特典としてお付けいたします。1年間のモニター期間中は、電力使用量と温度情報を提供いただき、地域の特性を考慮しながら暮らし方の工夫によって、エアコンなどの設備を使用しなくても快適に過ごせる生活を目指します。
※1 期間は一部エリアによって異なります 

当社は「エコ住宅こそ、手の届く価格で」をエコ・コンセプトに、設備だけでなく、自然エネルギーを利用する設計や先人の知恵を踏まえた暮らし方の工夫など、様々な角度から快適なエコ住宅を目指し取り組んでいます。また、エコ仕様の住宅を建てるだけでなく、住まい手(お客様)に“暮らし方”を提案し、共に楽しみながらエコに取り組んでいただけるようサポートしています。
その一環として今夏当社では、電力会社からの電力を買わずに生活する実証実験「買電0チャレンジ」を実施し、結果21日間の買電0を達成しました。
この成果を基に今回各地域のモニターを募集し、四季を感じながら快適に暮らすためのエコ設計(エコ仕様設備)・エコ暮らしを提案し、エコ特別仕様を提供します。1年を通じ各地域のモニターのご協力を得ながら、今後の地域特性を活かした商品開発・暮らし方提案を行っていきます。

■モニター特典
①エコ仕様設備をグレードアップ
エアコンいらずの生活をより快適にするエコシステム。外観では遮熱スレート屋根、深い軒の出・オーニング、内装ではLED照明、地窓&高窓、通風型玄関ドア、蓄熱暖房器具など、適材適所の仕様・設備をご提案・ご提供します。

②エコ設計提案
チーフデザイナーによるエコ設計シミュレーション
実証実験のデータに基づいて、一邸一邸ごとの敷地条件や日照・通風条件などをコンピューターを使ってシミュレーション。
精密な分析によりお客様の住まいに最適な外観デザインや間取りをプランニングいたします。

③エコ暮らし提案
チーフデザイナーによるエコ暮らし提案住宅の性能に頼るだけでなく、ちょっとした工夫を取り入れたりちょっとした工夫を取り入れたり、四季を知り、自然の力・先人の知恵を活用したり。暮らしを彩るワンポイントによって、更に快適で豊かなエコ暮らしをご提案します。

④四季エコグッズ
四季に合わせてエコグッズをお届け!
日本には、四季の移り変わりを楽しむ文化があります。当社ではそんな日本の家ならではの、季節を楽しむ豊かな暮らしを演出。季節に合わせて一年間「お楽しみエコグッズ」をお届けします。

さらにHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を設置
家電製品や設備機器をつなぐことで、家全体のエネルギー使用量が一目で分かるシステム。
省エネ目標値の達成状況やアドバイスをコントロールパネルに表示して、我が家の省エネをサポートします。

募集期間 : 10月15日(土)から11月30日(水)  一部エリアによって異なります
モニター募集要項 : 当社で契約し、2012年6月末までにご入居いただける方。お引渡し後、1年間のモニターにご協力いただける方。現場見学会にご協力いただける方。取材(インタビュー・事例公開等)にご協力いただける方。
申込み方法 : 当社ホームページ(http://www.aqura.co.jp/saveenergy/)、又は各支店にお問い合わせください。


■“買電0(ゼロ)チャレンジ”実証実験
今年8月、当社社長宅(埼玉県さいたま市)にて、“買電0(ゼロ)チャレンジ”実証実験を実施しました。
太陽光発電、太陽熱温水器、風力発電を搭載して発電した電力を蓄電池で蓄電することで、電力の自給自足を目指すとともに、その一方で使う電力量を極限まで減らすために住まいのエコ仕様化を行いました。熱に関しては、日射遮蔽と蓄熱による輻射熱の低減を実現すべく、ひさしとオーニングの設置、屋根の遮熱塗装、庭の塀をアクリルから木製格子へ変更。通風に関しては、温度の低い場所に涼風口を新設し、冷たい風を室内に効果的に送り込む他、風が吹き抜ける欄間付きのドアを設置するなどしました。さらに、視覚や聴覚などの五感から涼を感じ体感温度を下げるために、寒冷色のインテリアや小物を採用。
結果、買電0(ゼロ)生活は21日間達成。夏場屋外との温度比は最大-6℃となりました。

お問い合わせ先

<本件について報道関係からのお問い合わせ先>
株式会社 アキュラホーム 広報課 堀越・若林 Email: horikosi@aqura.co.jp
住所: 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル34F  TEL:03-6302-5010 (直通) FAX:03-5909-5560

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する