【都市再生機構中部支社・タイムズ24】愛知県内のUR賃貸住宅でカーシェアリングサービス開始

パーク24株式会社

投稿日:2011年10月13日

サービス分野: [ その他(駐車場サービス) ]


1 概要

2011年10月21日(金)から、名古屋市内及び春日井市内のUR賃貸住宅のうち7団地(計6,593戸、詳細は次頁を参照。)の敷地内駐車場にタイムズプラスのステーションを設置します。愛知県内のUR賃貸住宅への導入は本取組みが初となります。

2 導入経緯

UR都市機構は、よりよい住環境づくりの一環として、「お年寄りも、子育てママも気軽に外出」できる、便利で快適な交通サービスを提供していきたいと考えています。若年齢層、中高年齢層、高年齢層と様々なライフステージの方の交通利便性を向上させるための交通サポートに取り組んでいきます。また、都市における環境問題とも向き合い、環境にやさしい住まい方などを模索し、環境に配慮した事業執行を行っています。

一方タイムズ24は、快適なクルマ社会の実現に向け、現在UR賃貸住宅の付帯駐車場の一部をタイムズ駐車場として運営し、駐車場整備を通じて交通環境・交通利便性の向上を推進しています。また、自社直営駐車場「タイムズ」を中心に設置展開するカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を積極的に推進することで、市場の早期創出を図っています。愛知県内においても、法人利用やセカンドカー利用など多くの方に同サービスをご利用いただいていることから、2011年1月から導入を加速し、現在90ステーション99台を提供しています。

両者はこうした背景に基づき、交通環境・交通利便性の向上、さらには地域の環境負荷の軽減となるカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を、UR賃貸住宅の駐車場を活用して提供することといたしました。

3 狙い・期待される効果

駅から1km圏内の比較的交通アクセスの良い名古屋市内の団地に加え、郊外のニュータウンにも車両を配備します。15分単位で24時間いつでも利用可能なカーシェアリングサービス「タイムズプラス」を導入することで、都心団地においては駐車場代を含めた維持費用負担の低減、郊外団地においてはセカンドカーニーズへの代替手段としての居住者サービスの充実にもつながり、団地の更なる魅力アップと地域の活性化が図れると期待されます。

また、本取組みは利便性の高いオープンタイプ※とすることで、UR賃貸住宅にお住まいの方だけでなく、タイムズプラス会員の方も自由にご利用可能な事から、地域住民の交通利便性向上にもつながるものと考えています。


※居住者専用のクローズ型とは異なり、団地居住者以外の方も、団地内カーステーションをご利用いただけます。また、団地居住者の方は、会員となることで全国のタイムズプラスのカーステーションをご利用いただけます。

お問い合わせ先

パーク24株式会社経営企画本部グループ企画部(パーク24グループ広報) 野澤・袴田

電話:03-3213-8910 Eメール:pr@park24.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する