【日本の未来をエッセイにして、震災復興につなげよう!】 「私が幸せになる方法」エッセイ募集

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ エンターテイメント ]

【日本の未来をエッセイにして、震災復興につなげよう!】 「私が幸せになる方法」エッセイ募集

『ネット日本・国民の広場』(http://www.kokumin-hiroba.jp )では、2011年10月1日(土)~2011年12月31日(土)、東日本大震災復興支援を目的とした、エッセイ募集企画(テーマ:「私が幸せになる方法」・審査委員長:森永卓郎氏)を行います。(作品はエッセイ集としてダウンロード販売し、販売利益金は東日本大震災の復興支援金として日本赤十字社に寄付されます。)


■エッセイ募集企画内容詳細

●募集テーマ:「私が幸せになる方法」
※苦境に直面する日本において、私たちの生活がより良くなるためには何がどうなればいいのか、日本の将来について明るく前向きに考えたエッセイであれば内容は自由です。(ただし、できるだけ実現性の高い内容をお考えください)
●審査委員長:森永卓郎氏
●応募期間 :2011年10月1日(土)~2011年12月31日(土)23:59
●審査期間 :2012年1月1日(元日)~2012年2月29日(水)
●結果発表 :2012年3月1日(木)
●エッセイ集販売時期・期間:2012年3月以降
●最優秀賞 1名/20万円 優秀賞 2名/ 5万円 佳作 10名/1万円(それぞれJCBギフト券)

※審査終了後はご応募頂いた作品をまとめたエッセイ集を作成し、国民の広場サイト内やiPhoneやAndroidアプリ等にて書籍のダウンロード販売を予定しています。なお、経費を差し引いた販売利益金は、東日本大震災の復興支援金として日本赤十字社に寄付致します。


■国民生活改善サイト「国民の広場」(http://www.kokumin-hiroba.jp )とは?

日常生活や政治に疑問や不満を持った方が、自宅やお勤め先にいながらにしてそれを解消することができるSNS、それが国民生活改善サイト「国民の広場」です。国民の広場では、登録者同士で建設的な議論を行うことができるだけでなく、全国のtwitter議員と意見交換を行うことができます。また、サイト内で署名活動や国会・関係機関への請願書・陳情書提出の呼びかけを行うことで、有権者の力で法律や制度を変えることも可能です。


■運営会社:有限会社クリエイティブプロダクション アドスについて

1987年1月設立。有限会社クリエイティブプロダクション アドスは、実務的な結果をご提供できる「創造実践広告会社」として、個人や企業の広告全般の企画及び制作業務を20年以上にわたり行っています。また2009年には、現在の「国民不在の混迷する政治」に違和感を感じ、政治と私たち国民の距離を縮め、民意を政治に反映させることを目的とした、国民生活改善サイト「国民の広場」の運営を開始。広告業務とサイト運営業務を通じ、より快適な生活とより豊かな社会の構築を目指しています。

お問い合わせ先

国民生活改善サイト『ネット日本・国民の広場』管理運営チーム
運営会社:有限会社クリエイティブプロダクション アドス
運営統括責任者:岩崎光春
所在地:〒683-0053 鳥取県米子市明治町180
TEL:0859-39-0670  FAX:0859-39-0680
e-mail: info@kokumin-hiroba.jp
URL: http://www.kokumin-hiroba.jp/ (まずは「国民の広場」で検索してください)

 

有限会社クリエイティブプロダクション アドスによるその他のプレスリリース

キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する